オーケストラ・アンサンブル金沢

NEWS

ニュース

2021.10.22 出演者変更指揮者の変更(11/3 ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭公演)について

2021年11月3日に開催いたします2021ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭公演に出演を予定しておりました原田慶太楼氏につきましては、氏のスケジュール上、現時点で政府の求める防疫措置条件(待機期間)を満たすことが困難な状況となり出演を断念せざるを得なくなりました。それに伴い、本公演は垣内悠希氏に指揮者としてご出演をいただき開催いたします。

原田氏の出演を楽しみにしておられた皆様にはお詫びを申し上げますとともに、なにとぞご理解のほどお願い申し上げます。

垣内悠希 プロフィール

東京生まれ。6歳よりピアノを、14歳より指揮の勉強を始める。2001年東京藝術大学楽理科、2009年ウィーン国立音楽大学指揮科を首席で卒業。次いで2011年同音大劇場音楽科特別課程を修了。これまでに小澤征爾、佐藤功太郎、レオポルト・ハーガー、ヨルマ・パヌラ、ジャンルイジ・ジェルメッティ、エルヴィン・アッツェル、イザーク・カラブチェフスキー、湯浅勇治の各氏に師事。2011年ブザンソン国際指揮者コンクールに優勝して国際的注目を集める。これまでにフランス国立ボルドー=アキテーヌ管、イル・ド・フランス国立管、ブリュッセル・フィル、ミュンスター響、サンクトペテルブルク響、ウィーン室内管、チリ響などを指揮。国内では、東京都響、読売日響、東響、日本フィル、新日フィル、京都市響、神奈川フィル、仙台フィル、群響、広響、九響、OEKなどに客演。2016年より3年間札幌交響楽団指揮者を務めた。2021年は紀尾井ホール室内管弦楽団、愛知室内管弦楽団にデビュー。今後、国内外でのさらなる活躍が期待されている。

2021.09.30 出演者変更指揮者の変更(11/24 第448回定期、11/25 魚津公演)について

2021年11月24日に開催いたします第448回定期公演フィルハーモニー・シリーズならびに11月25日に開催いたします魚津公演に出演を予定しておりましたギュンター・ピヒラーにつきましては、氏のスケジュール上、現時点で政府の求める防疫措置条件(待機期間)を満たすことができず来日が不可能となりました。これを受け、当2公演には秋山和慶氏に指揮者としてご出演をいただきます。

ピヒラー氏の出演を楽しみにしておられた皆様にはお詫びを申し上げますとともに、なにとぞご理解のほどお願い申し上げます。

プロフィール

秋山和慶(指揮)

故斎藤秀雄のもとで指揮法を修め、1963年に桐朋学園大学音楽学部を卒業。1964年2月に東京交響楽団を指揮してデビューののち同団の音楽監督・常任指揮者を40年間にわたり務める。その間、トロント響副指揮者、アメリカ響音楽監督、バンクーバー響音楽監督(現在桂冠指揮者)、シラキュース響音楽監督、大阪フィル首席、札幌響首席、広島響首席、九州響首席などを歴任。サンフランシスコ響、クリーヴランド管、ロサンゼルス・フィル、フィラデルフィア管、ニューヨーク・フィル、ボストン響、シカゴ響、ロイヤル・フィル、NDR北ドイツ放送響、ケルン放送響、ベルリン放送響、スイス・ロマンド管、チューリッヒ・トーンハレ管などに客演している。これまでに第6回サントリー音楽賞(1975年)、芸術選奨文部大臣賞(1995年)、大阪府民劇場賞(1989年)、大阪芸術賞(1991年)、第36回川崎市文化賞(2007年)、広島市民賞(2008年)をはじめ、東京響とともに毎日芸術賞(1994年)、第8回京都音楽賞大賞(1993年)、モービル音楽賞(1996年)、第29回サントリー音楽賞(1997年)を受賞。2001年11月に紫綬褒章、2011年6月には旭日小綬章を受章。2014年度文化功労者に選出。同年中国文化賞(広島)、徳島県表彰特別功労賞を受賞、2015年渡邉暁雄音楽基金特別賞を受賞。現在、中部フィルハーモニー交響楽団芸術監督・首席指揮者、日本センチュリー交響楽団ミュージックアドバイザー、東京交響楽団桂冠指揮者、広島交響楽団終身名誉指揮者、九州交響楽団桂冠指揮者など多くの任を務めるほか、洗足学園音楽大学芸術監督・特別教授、京都市立芸術大学客員教授を務めている。

2021.09.19 公演中止松江公演 中止のお知らせ

2021年9月26日(日)に開催を予定しておりました松江公演(主催:公益財団法人石川県音楽文化振興事業団、共催:NPO法人松江音楽協会)につきましては、松江市より、国の新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言等の期間延長に合わせて9月中に松江市で開催するイベントに対する自粛要請がありましたため、やむを得ず中止することとなりました。

公演を楽しみにされていた皆様には、ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げますとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。また、チケットの払い戻しにつきましては、プラバホールのプラバチケットコーナーにて対応いたします。

払い戻しに関するお問合せ

松江市総合文化センター プラバホール TEL:0852-27-6400 (受付時間:休館日を除く9〜18時)

2021.08.20 出演者変更出演者の変更について(9/12「楽都の響」指揮=沖澤のどか氏)

2021年9月12日に開催いたします、石川県立音楽堂開館20周年事業「楽都の響」公演(仙台フィル/OEK合同公演)に出演を予定しておりました沖澤のどか氏(ベルリン在住)につきましては、氏のスケジュール上、現時点で政府が求める防疫措置条件(待機期間)を満たすことができず、本公演への出演が不可能となりました。これを受けまして本公演には当団常任客演指揮者の川瀬賢太郎が出演をいたします。

なお、山田和樹氏の出演ならびに曲目に変更はございません。

沖澤のどか氏の出演を楽しみにしておられた皆様には、お詫びを申し上げますとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

2021.07.29 出演者変更指揮者の変更(9/4 岩城宏之メモリアルコンサート)について

04_img_1

2021年9月4日に開催いたします岩城宏之メモリアル・コンサートに出演を予定しておりました当団芸術監督マルク・ミンコフスキにつきましては、氏のスケジュール上、現時点で政府の求める防疫措置条件(待機期間)を満たすことができず来日が不可能となりました。これを受け、当公演には秋山和慶氏に指揮者としてご出演をいただきます。

芸術監督の出演を楽しみにしておられた皆様には、ご期待にお応えできずお詫びを申し上げますとともに、秋山マエストロの指揮による演奏をぜひお楽しみいただきますようお願い申し上げます。

プロフィール

秋山和慶(指揮)

故斎藤秀雄のもとで指揮法を修め、1963年に桐朋学園大学音楽学部を卒業。1964年2月に東京交響楽団を指揮してデビューののち同団の音楽監督・常任指揮者を40年間にわたり務める。その間、トロント響副指揮者、アメリカ響音楽監督、バンクーバー響音楽監督(現在桂冠指揮者)、シラキュース響音楽監督、大阪フィル首席、札幌響首席、広島響首席、九州響首席などを歴任。サンフランシスコ響、クリーヴランド管、ロサンゼルス・フィル、フィラデルフィア管、ニューヨーク・フィル、ボストン響、シカゴ響、ロイヤル・フィル、NDR北ドイツ放送響、ケルン放送響、ベルリン放送響、スイス・ロマンド管、チューリッヒ・トーンハレ管などに客演している。これまでに第6回サントリー音楽賞(1975年)、芸術選奨文部大臣賞(1995年)、大阪府民劇場賞(1989年)、大阪芸術賞(1991年)、第36回川崎市文化賞(2007年)、広島市民賞(2008年)をはじめ、東京響とともに毎日芸術賞(1994年)、第8回京都音楽賞大賞(1993年)、モービル音楽賞(1996年)、第29回サントリー音楽賞(1997年)を受賞。2001年11月に紫綬褒章、2011年6月には旭日小綬章を受章。2014年度文化功労者に選出。同年中国文化賞(広島)、徳島県表彰特別功労賞を受賞、2015年渡邉暁雄音楽基金特別賞を受賞。現在、中部フィルハーモニー交響楽団芸術監督・首席指揮者、日本センチュリー交響楽団ミュージックアドバイザー、東京交響楽団桂冠指揮者、広島交響楽団終身名誉指揮者、九州交響楽団桂冠指揮者など多くの任を務めるほか、洗足学園音楽大学芸術監督・特別教授、京都市立芸術大学客員教授を務めている。

2021.06.01 お知らせ第19回北陸新人登竜門コンサートは6月10日より配信

OEKが北陸三県の新人演奏家の発掘・支援と音楽文化の発展のため開催している「北陸新人登竜門コンサート」では、毎年オーディションで選ばれた素晴らしい新人がOEKと共演し、その後の活躍の場を広げています。

ところが、〈ピアノ部門〉の開催を予定していた昨年の公演はコロナ禍のため今年に順延。そして今年も公演直前なって「石川非常事態宣言(9日から石川緊急事態宣言)」が発出され、この時期の有観客での公演はできない事態となりました。今年こそはと意気込んでいた関係者一同ではありましたが、再延期は「次の」新人のチャンスを奪うことにも繋がりかねないため、熟慮の結果OEKでは無観客で演奏した映像をOEKのYouTubeチャンネルにて配信することといたしました。

第19回北陸新人登竜門コンサート〈ピアノ部門〉 オーディション優秀者
  • 柳原奈侑
    ピアノ
    柳原奈侑ピアノ
    石川県白山市出身。2000年生まれ。第66回全日本学生音楽コンクール小学校の部/大阪大会本選第1位・全国大会入賞。第68回同コンクール中学校の部/大阪大会本選入選。第69回同コンクール中学校の部/大阪大会第2位・全国大会入賞。ラ・フォル・ジュルネ金沢や風と緑の楽都音楽祭石川県縦断コンサートなど多数出演。桐朋女子高等学校音楽科卒業。桐朋学園大学カレッジディプロマコース在学中。2017年、同高校スチューデンツ・コンサートに出演。現在、大西真由子氏に師事。
  • 石田詩葉
    ピアノ
    石田詩葉ピアノ
    富山県出身。富山県立呉羽高等学校卒業。武蔵野音楽大学音楽学部演奏学科ヴィルトゥオーゾコース卒業。福井直秋記念奨学金特別給費奨学金奨学生(特待生)。学内オーディションに合格し、武蔵野音楽大学管弦楽団演奏会のソリストとして共演。2019 年 第 6 回とやまクラシックピアノコンクールにおいてグランプリ受賞。吉田朝美、里見治美、大林規子、田代愼之介の各氏に師事するほか、 ケマル・ゲキチ氏のレッスンを受ける。現在、武蔵野音楽大学修士課程1年次在学中。
  • 篠永紗也子
    ピアノ
    篠永紗也子ピアノ
    石川県出身。東京音楽大学卒業。同大学院修了。2008年いしかわミュージックアカデミーIMA音楽賞受賞。2015年第39回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、2018年第37回飯塚新人音楽コンクール第1位ほか受賞多数。これまでに井上道義指揮オーケストラ・アンサンブル金沢、飯守泰次郎指揮東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団と共演するほか、多くのリサイタルに出演。海外でも演奏活動を行う。現在、ウィーン国立音楽大学にてアンナ・マリコヴァ氏に師事。

※ 篠永紗也子さんは留学中のウィーンから帰国しての演奏が困難なため今回の出演を断念されました。

第19回北陸新人登竜門コンサートの詳細についてはこちら

 

素晴らしい楽曲を皆様と同じ空間で共有できないことは大変残念ですが、少し見方を変えるなら、インターネットでの配信は、オーディションで選ばれた新進の音楽家を石川県のみならず世界に向けて披露することに他なりません。ぜひ動画をご覧いただき、気に入っていただけたならご友人にお知らせください。困難の時期を乗り越えて羽ばたこうとする北陸ゆかりの若いアーティストとOEKを、今後も応援いただけたなら幸いです。

【告知】登竜門コンサート6/10公開。鈴木織衛(指揮)より独奏者紹介とメッセージ。

2021.05.11 変更(5/18更新)「石川緊急事態宣言」対象期間中の主催公演の延期等について

公益財団法人石川県音楽文化振興事業団(オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)、石川県立音楽堂)では、5月9日に発出されました「石川緊急事態宣言」により、以下の公演につきまして開催方法を変更することと致しました。公演を楽しみにされていた皆様には、大変なご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ご購入頂きましたチケットの取り扱いにつきましては下記の通りです。1公演単独のチケット(一回券)をお買い求め頂いたお客様には、払戻方法を順次石川県立音楽堂チケットボックスよりご連絡いたします。払い戻し手続きが完了するまでは、ご購入されたチケットは大切に保管していただきますようお願い致します。

※5月7日にご案内したニュース『「石川非常事態宣言」の発出に伴う主催公演の開催方法変更のお知らせ』は、本稿に統合しました。

開催を変更する主催公演(OEK関連)

開催日 公演名 変更の内容 チケット取扱
5/16(日) 第19回北陸新人登竜門コンサート〈ピアノ部門〉 無観客による収録。
6/10よりインターネット上にて無料配信。
払い戻し。関係者からの購入分は関係者へお問合せください。
5/29(土) 第442回定期公演マイスター・シリーズ 2021年12月15日に延期 定期会員券は延期公演で使用します(来場不可の場合払戻:期限9/15)。
一回券は払い戻しを行い、延期公演では使用出来ません。
5月後半 石川県小中学校・特別支援学校オーケストラ鑑賞教室(4公演) 中止、延期 なし
6月前半 石川県特別支援学校オーケストラ鑑賞教室(2公演) 中止 なし
6/7(月) 小松定期公演〈春〉 延期(日程調整中) 小松友の会チケットは延期公演で使用します。
一回券は払戻(延期公演で使用不可)。

一回券の払い戻し方法については、石川県立音楽堂チケットボックスより順次お客様にご連絡いたします。手続きが完了するまでチケットは大切に保管してください。

2021.04.26 変更公演内容変更(5/16 北陸新人登竜門コンサート)のお知らせ

2021年5月16日に当財団が主催いたします「第19回北陸新人登竜門コンサート《ピアノ部門》」につきまして、出演を予定しておりました篠永紗也子氏と当財団は、氏の現在の留学先であるウィーンの新型コロナウイルスの拡大状況と、オーストリア政府の感染症対策の状況を踏まえて協議を行い、帰国しての本公演出演を断念する結論に至りました。

出演を楽しみにしていらっしゃいました皆様にはお詫びを申し上げますとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

また、本公演に出演いたします柳原、石田の両氏と合わせ、ウィーンにて研鑽を続ける篠永氏の更なる成長にもご声援をお願いいたします。

《変更後》
  • 第19回北陸新人登竜門コンサート《ピアノ部門》
  • 2021年5月16日(日)15:00開演
  • 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮:鈴木織衛(OEK専任指揮者)
  • ピアノ:柳原奈侑
  • ピアノ:石田詩葉
  • ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調 (柳原)
  • ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第4番 ト長調 作品58 (石田)

※ 約60分の公演となります。休憩はございません。

2021.04.21 変更公演内容変更(7/23 第444回定期公演・7/25 フェスタサマーミューザKAWASAKI)のお知らせ

2021年7月23日に開催を予定しております第444回定期公演につきましては、新型コロナウイルスの影響により、出演予定のロベルト・ゴンザレス=モンハス氏(指揮)の来日が見通せないことから、出演者と曲目を下記の通り変更して開催することといたします。

ゴンザレス=モンハス氏の出演を楽しみにしていらっしゃいました皆様にはお詫びを申し上げますとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

《変更後》
  • 第444回定期公演フィルハーモニー・シリーズ
  • 2021年7月23日(金祝)19:00開演
  • 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮:井上道義(OEK桂冠指揮者)
  • ヴァイオリン:神尾真由子
  • シューベルト:交響曲 第4番 ハ短調
  • プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調
  • ハイドン:交響曲 第102番 変ロ長調
  • フェスタ サマーミューザ KAWASAKI 公演
  • 2021年7月25日(日)15:00開演
  • ミューザ川崎シンフォニーホール
  • 指揮:井上道義(OEK桂冠指揮者)
  • ヴァイオリン:神尾真由子
  • シューベルト:交響曲 第4番 ハ短調
  • プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調
  • プロコフィエフ:古典交響曲

2021.04.09 変更出演者変更(5/29 第442回定期公演)のお知らせ

2021年5月29日に開催を予定しております第442回定期公演につきましては、新型コロナウイルスの影響にともなう入国制限により、出演者のジャン=クロード・カサドシュ(指揮)ならびにトーマス・エンコ(ピアノ)の来日が見通せないことから、公演内容を下記の通り変更して開催することといたします。

カサドシュ氏、エンコ氏の出演を楽しみにしていらっしゃいました皆様にはお詫びを申し上げますとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

《変更後》
  • 第442回定期公演マイスター・シリーズ
  • 2021年5月29日(土)14:00開演
  • 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮:原田慶太楼
  • ピアノ:横山幸雄
  • 吉松隆:アトム・ハーツ・クラブ組曲 第1番 作品70b ※追加
  • モーツァルト:ピアノ協奏曲 第24番 ハ短調 K. 491
  • ビゼー:交響曲 ハ長調