オーケストラ・アンサンブル金沢

NEWS

ニュース

2021.05.11 変更「石川緊急事態宣言」の発出に伴う主催公演の開催方法変更のお知らせ

公益財団法人石川県音楽文化振興事業団(オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)、石川県立音楽堂)では、5月9日に発出されました「石川緊急事態宣言」により、以下の公演につきまして、開催方法を変更することと致しました。公演を楽しみにされていた皆様には、大変なご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ご購入いただきましたチケットの取り扱いにつきまして、5/16公演については石川県立音楽堂チケットボックスよりお客様へご連絡をいたします。また5/29公演については近日中に石川県立音楽堂およびオーケストラ・アンサンブル金沢のウェブサイトでお知らせ致しますので、ご購入されたチケットは大切に保管していただきますようお願い致します。なお、定期会員様には近日中に案内をお送り致します。

※5月7日にご案内したニュース『「石川非常事態宣言」の発出に伴う主催公演の開催方法変更のお知らせ』は、本稿に統合しました。

開催を変更する主催公演(OEK関連)

開催日 公演名 会場※ 変更の内容
5/16(日) OEK 第19回北陸新人登竜門コンサート〈ピアノ部門〉 C 無観客による収録。後日インターネット上にて無料配信。
5/29(土) OEK 第442回定期公演マイスター・シリーズ C 延期(日程調整中)

※ C=コンサートホール、H=邦楽ホール、K=交流ホール(全て石川県立音楽堂)

2021.04.26 変更公演内容変更(5/16 北陸新人登竜門コンサート)のお知らせ

2021年5月16日に当財団が主催いたします「第19回北陸新人登竜門コンサート《ピアノ部門》」につきまして、出演を予定しておりました篠永紗也子氏と当財団は、氏の現在の留学先であるウィーンの新型コロナウイルスの拡大状況と、オーストリア政府の感染症対策の状況を踏まえて協議を行い、帰国しての本公演出演を断念する結論に至りました。

出演を楽しみにしていらっしゃいました皆様にはお詫びを申し上げますとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

また、本公演に出演いたします柳原、石田の両氏と合わせ、ウィーンにて研鑽を続ける篠永氏の更なる成長にもご声援をお願いいたします。

《変更後》
  • 第19回北陸新人登竜門コンサート《ピアノ部門》
  • 2021年5月16日(日)15:00開演
  • 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮:鈴木織衛(OEK専任指揮者)
  • ピアノ:柳原奈侑
  • ピアノ:石田詩葉
  • ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調 (柳原)
  • ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第4番 ト長調 作品58 (石田)

※ 約60分の公演となります。休憩はございません。

2021.04.21 変更公演内容変更(7/23 第444回定期公演・7/25 フェスタサマーミューザKAWASAKI)のお知らせ

2021年7月23日に開催を予定しております第444回定期公演につきましては、新型コロナウイルスの影響により、出演予定のロベルト・ゴンザレス=モンハス氏(指揮)の来日が見通せないことから、出演者と曲目を下記の通り変更して開催することといたします。

ゴンザレス=モンハス氏の出演を楽しみにしていらっしゃいました皆様にはお詫びを申し上げますとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

《変更後》
  • 第444回定期公演フィルハーモニー・シリーズ
  • 2021年7月23日(金祝)19:00開演
  • 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮:井上道義(OEK桂冠指揮者)
  • ヴァイオリン:神尾真由子
  • シューベルト:交響曲 第4番 ハ短調
  • プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調
  • ハイドン:交響曲 第102番 変ロ長調
  • フェスタ サマーミューザ KAWASAKI 公演
  • 2021年7月25日(日)15:00開演
  • ミューザ川崎シンフォニーホール
  • 指揮:井上道義(OEK桂冠指揮者)
  • ヴァイオリン:神尾真由子
  • シューベルト:交響曲 第4番 ハ短調
  • プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調
  • プロコフィエフ:古典交響曲

2021.04.09 変更出演者変更(5/29 第442回定期公演)のお知らせ

2021年5月29日に開催を予定しております第442回定期公演につきましては、新型コロナウイルスの影響にともなう入国制限により、出演者のジャン=クロード・カサドシュ(指揮)ならびにトーマス・エンコ(ピアノ)の来日が見通せないことから、公演内容を下記の通り変更して開催することといたします。

カサドシュ氏、エンコ氏の出演を楽しみにしていらっしゃいました皆様にはお詫びを申し上げますとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

《変更後》
  • 第442回定期公演マイスター・シリーズ
  • 2021年5月29日(土)14:00開演
  • 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮:原田慶太楼
  • ピアノ:横山幸雄
  • 吉松隆:アトム・ハーツ・クラブ組曲 第1番 作品70b ※追加
  • モーツァルト:ピアノ協奏曲 第24番 ハ短調 K. 491
  • ビゼー:交響曲 ハ長調

2021.03.13 変更出演者変更(4/23 第441回定期公演)のお知らせ

2021年4月23日に開催を予定しております第441回定期公演につきましては、新型コロナウイルスの影響にともなう日本政府のビザ発給停止措置により、指揮者ユベール・スダーン(OEK首席客演指揮者)の来日が見通せないことから、公演内容を下記の通り変更して開催することといたします。

スダーン氏の出演を楽しみにしていらっしゃいました皆様にはお詫びを申し上げますとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

《変更後》
  • 第441回定期公演フィルハーモニー・シリーズ
  • 2021年4月23日(金)19:00開演
  • 石川県立音楽堂コンサートホール
  • リーダー、ヴァイオリン:アビゲイル・ヤング(OEK第1コンサートマスター)
  • ピアノ:藤田真央
  • モーツァルト:ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K. 466
  • モーツァルト:セレナード 第4番 ニ長調 K. 203 (189b)
  • ※独奏者、曲目に変更はありません

2021.01.28 変更・中止出演者変更(第439, 440回定期)ならびに公演中止(第37回東京定期)のお知らせ

2021年3月に開催を予定しております第439回および第440回定期公演につきまして、新型コロナウイルスの影響により、当公演の指揮者であるマルク・ミンコフスキOEK芸術監督の来日の見通しが立たないため、指揮者を鈴木雅明氏に変更し実施することとなりました。なお「ミンコフスキ×OEK ベートーヴェン全交響曲演奏会」は、2021-2022シーズンを含め開催時期を調整しております。

また、3月22日に予定しておりました東京定期公演は、緊急事態宣言の発令されている現在の状況に鑑み、お客様の安心安全も考慮し、中止とさせていただきます。

当公演を楽しみにしていらっしゃいました皆様にはお詫びを申し上げますとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

《変更後》
  • 第439回定期公演マイスター・シリーズ
  • 2021年3月13日(土)14:00開演
  • 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮:鈴木雅明(バッハ・コレギウム・ジャパン音楽監督)
  • ベートーヴェン:交響曲 第2番、第8番
  • ※曲目の変更はありません
  • 第440回定期公演フィルハーモニー・シリーズ
  • 2021年3月18日(木)19:00開演
  • 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮:鈴木雅明(バッハ・コレギウム・ジャパン音楽監督)
  • ベートーヴェン:交響曲 第6番「田園」、第5番「運命」
  • ※曲目の変更はありません
  • 第37回東京定期公演
  • 2021年3月22日(月)19:00開演
  • サントリーホール
  • ※公演中止
鈴木雅明(指揮)

1990年“バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)”を創設以来、バッハ演奏の第一人者として名声を博す。グループを率いて欧米の主要なホール、音楽祭に度々登場しており、雄弁かつ透明なサウンド、本質に迫る演奏アプローチで、極めて高い評価を積み重ねている。近年はモダン・オーケストラとも活発に共演し、多彩なレパートリーを披露。2001年ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章、平成23年紫綬褒章など受賞。12年バッハの演奏に貢献した世界的音楽家に贈られる「バッハ・メダル」、ロンドン王立音楽院・バッハ賞を受賞。13年度第45回サントリー音楽賞をBCJと共に受賞。15年ドイツ・マインツ大学よりグーテンベルク教育賞を受賞。イェール大学アーティスト・イン・レジデンス、シンガポール大学ヨン・シゥ・トウ音楽院客員教授、神戸松蔭女子学院大学客員教授、東京藝術大学名誉教授、オランダ改革派神学大学名誉博士。

2021.01.17 変更1/24 名曲コンサート(三島公演)出演者・曲目変更のお知らせ

2021年1月24日(日)に開催を予定しております「オーケストラ・アンサンブル金沢 名曲コンサート(三島市)」(主催:公益財団法人静岡県文化財団、三島市民文化会館、静岡県)につきましては、静岡県における「新型コロナウイルス警戒レベル」がレベル5となり、緊急事態宣言が発出された地域からの移動回避の要請が行われていることをうけ、出演者・曲目を下記の通り変更して開催することになりました。

角田鋼亮氏、宮田大氏の出演を楽しみにされていた皆様におかれましては、直前のご案内となり大変ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。

なお、出演者変更に伴うチケットの払い戻しについては、主催者の公益財団法人静岡県文化財団・グランシップより、チケットご購入の皆様へ個別にご案内がございます。(グランシップウェブサイト

指揮
角田鋼亮

弾き振り
アビゲイル・ヤング(OEK第1コンサートマスター)
横坂源(チェロ)

独奏
宮田大(チェロ)

横坂源(チェロ)

出演者の変更にともない、曲目も変更いたします(後日発表)。

2021.01.17 公演中止1/20 「おしち」射水公演 中止のお知らせ

2020年8月12日の振替公演として 2021年1月20日(水)に開催を予定しておりました、「おしち」射水公演(主催:公益財団法人射水市文化振興財団)につきましては、富山県における「新型コロナウイルス感染症に打ち克つためのロードマップ」がstage2へ移行したことを受け、関係者と協議をいたしましたところ、やむを得ず中止することといたしました。

公演を楽しみにされていた皆様には、直前のご案内となり大変申し訳ございませんが、なにとぞご理解を賜りますとともに、新型コロナウイルスの感染拡大防止にご協力いただきますようお願い申し上げます。

チケットの払い戻しにつきましては、主催者である高周波文化ホール(射水市文化振興財団)のウェブサイト等におきまして、改めてご案内いたしますので、今しばらくお待ちください。

2020.09.20 チケット入場制限緩和に伴うチケット販売について

 この度、政府により11月末までの催物の開催制限等について入場制限が緩和されることとなりました。これに伴い、10月22日開催の定期公演は、「B席、スターライト席」に限り、全席ご利用いただくことができます。
 なお、当面の間、「定期公演のSS席、S席、A席(定期会員席を含む)」については、市松模様で前後左右を空けた座席配置を継続いたします。
 皆様に安心して公演にお越しいただけますよう今後も安全対策を講じて参りますので、ご理解、ご協力をお願いいたします。

2020.09.11 出演者・曲目変更第434回定期公演 出演者・曲目変更のお知らせ

2020年10月22日(木)に開催いたします第434回定期公演フィルハーモニー・シリーズにつきまして、新型コロナウイルスの影響により、出演を予定しておりました芸術監督マルク・ミンコフスキの来日見通しが立たないため、OEK桂冠指揮者井上道義を迎え実施することとなりました。

また曲目につきましては、今シーズンの目玉でもありましたミンコフスキOEKの「ベートーヴェン全交響曲演奏会」は開始時期を調整して完結を目指すこととし、本公演につきましては《アンコール!スウィート》と題した、井上道義ならではのプログラムをお届けいたします。

当公演を楽しみにしていらっしゃいましたお客様には、変更についてお詫びを申し上げますとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

第434回定期公演フィルハーモニー・シリーズ(10月22日)
指揮

マルク・ミンコフスキ(OEK芸術監督)

井上道義(OEK桂冠指揮者)

曲目(変更後)

《アンコール!スウィート》
バーバー:弦楽のためのアダージョ
ラフマニノフ:ヴォカリーズ
マスカーニ:歌劇《カヴァレリア・ルスティカーナ》間奏曲
クライスラー:愛の悲しみ
ディーリアス:春初めてのカッコウを聞いて
ワーグナー:ジークフリート牧歌
サン=サーンス:「動物の謝肉祭」より白鳥