オーケストラ・アンサンブル金沢

NEWS

ニュース

2022.04.18 シーズン・プログラム2022/23シーズン・プログラムについて

4月18日、オーケストラ・アンサンブル金沢は、石川県立音楽堂にて9月からの新シーズン・ラインナップならびに、広上淳一氏をアーティスティック・リーダーに迎える新指揮者陣を発表しました。多彩なプログラムとともに広上OEK時代の幕開けとなる新シーズンにどうぞご期待ください(新体制についてはこちら)。定期会員の新規募集は6月末から開始します。

新シーズン・プログラム

新シーズンも、室内管の魅力をご堪能いただくフィルハーモニー・シリーズ8公演、土曜のマチネー公演マイスター・シリーズ5公演、ジャンルを横断したファンタスティック・オーケストラコンサート3公演の計16公演を展開。また特別公演として岩城宏之メモリアルコンサート、賛助会員を招待(一般にも公開)してのありがとうコンサートオーケストラの日2023を開催します。

聴きどころ
  1. 広上淳一 アーティスティック・リーダー就任披露シリーズ
  2. コンポーザー・オブ・ザ・イヤー 細川俊夫氏の新曲「セレモニー」
  3. 巨匠ジャン=クロード・カサドシュOEK初登場
  4. 若手アーティストの起用
  5. 卓越したアーティストとの共演

広上淳一 アーティスティック・リーダー就任披露シリーズ

就任後、最初の定期公演への登場となる9月18日の第458回定期公演と、続く名古屋・大阪、東広島、境港公演。3月21日第467回定期公演と続く東京定期公演。9月10日に開催予定の岩城宏之メモリアルコンサートにも登場。

コンポーザー・オブ・ザ・イヤー細川俊夫〈セレモニー〉

コンポーザー・オブ・ザ・イヤーの細川俊夫氏の新曲が、早くも10月1日第459回定期公演に登場。チューリヒ・トーンハレ管との共同委嘱のフルートとオーケストラのための作品で、沖澤のどかエマニュエル・パユとともに日本初演を務めます。

フランスの巨匠ジャン=クロード・カサドシュ登場

芸術監督ミンコフスキの推薦により2021年5月に予定されていた巨匠との共演が、第467回定期公演でついに実現。

若手アーティストの起用

広上淳一とシーズン開幕公演を飾る神尾真由子第458回)、前述の沖澤のどか第459回)、パーマネント・コンダクターとなった川瀬賢太郎と宮田大第462回)、前回の鮮烈な印象そのままにフランスでの人気も高まるデュムソーの再登場(第463回)、マエストロ広上の信頼も厚い米元響子第466回)、パールマン秘蔵のグースビー日本デビュー(第469回)、ミンコフスキのアシスタントを務めたライジングスターカラタユーと辻井伸行の超名曲集(第470回)。若手アーティストたちがOEKとどのような化学変化を起こすのか期待が高まります。

卓越したアーティストとの共演

一方で、卓越したアーティストとの共演ももちろん存分に。意外にも(?)初共演のベルリン・フィル首席フルートパユ第459回)、ピアニストでパリ室内管監督のフォークト第460回)、久しぶりの共演が楽しみな元ベルリン・フィルコンサートマスター安永徹&市野あゆみ第461回)、飛ぶ鳥を落とし尽くした感もある鈴木優人464回)、全てが一級のマルチな才能ヴィトマン第465回)、英音楽の伝統を継ぐ作曲家であり次期BBCスコティッシュ響首席指揮者ウィグルスワース第469回それぞれの卓越した個性がOEKの魅力をより引き出してくれるに違いありません。

豊かな響きを生む本拠地・石川県立音楽堂でオーケストラ・アンサンブル金沢の音楽は、その真価を最も発揮します。一流のアーティストたちと作り上げる音楽をぜひ金沢で体験してください。

2022.03.24 お知らせ2022年春、楽団員による室内楽4公演

春です。OEKも東京公演を終え、新年度の公演へと心を新たに準備をしています。オーケストラでは3/31オーケストラの日4/17魅惑の映画音楽(渡辺俊幸&森山良子)、4/22定期(田中祐子&上野耕平)、そして音楽祭関連のコンサートが続いて行きますが、楽団員たちも春の芽吹きのように、室内楽での活動をそれぞれ展開しています。

室内楽は、OEKの特徴であるアンサンブル能力の原点ともいえるジャンル。各会場の親密な空間に足を運べば、奏者の個性がよりはっきりと見え、次にオーケストラを聴く楽しみ方も増えるかもしれません。

新しいことを始めるには最高のこの季節、ぜひ室内楽の扉を開いてみてください。チケットは石川県立音楽堂チケットボックスにて発売中です(公演当日は会場にてお求めください)。

3月25日(金)金澤弦楽四重奏団

青木恵音、若松みなみ、古宮山由里、キム・ソンジュンによるカルテットの記念すべき旗揚げ公演。ベートーヴェンのカルテット全曲演奏に挑む、その第1回。

  • 2022年3月25日(金)19:00
  • 金沢市アートホール
  • 出演 金澤弦楽四重奏団
  • ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第1番
  • ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第8番「ラズモフスキー第2番」
  • ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第12番
  • 料金 全席自由3,000円、当日3,500円、学生2,000円
  • 問合せ 宮城音楽事務所 TEL 076-261-7211

5月10日(火)、17日(火)アビゲイル・ヤング&フレンズ

OEK第1コンサートマスターとして音楽を届け続けるアビゲイル・ヤングの魅力が室内楽の分野でも。ヤング自身が手がける、待望の企画がついに実現。

  • 2022年5月10日(火)18:30
  • 金沢市アートホール
  • 出演 アビゲイル・ヤング、江原千絵(ヴァイオリン)、ダニイル・グリシン、般若佳子(ヴィオラ)、ルドヴィート・カンタ、キム・ソンジュン(チェロ)、藤田めぐみ(ピアノ)
  • ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第2番
  • ブラームス:ヴィオラ、チェロとピアノのための三重奏曲
  • ブラームス:弦楽四重奏曲第1番
  • 料金 全席指定4,000円、2夜連続7,000円
  • 問合せ ラ・ムジカ・フェリーチェ TEL 090-8967-1540
  • 2022年5月17日(火)18:30
  • 金沢市アートホール
  • 出演 アビゲイル・ヤング、江原千絵(ヴァイオリン)、ダニイル・グリシン、般若佳子(ヴィオラ)、キム・ソンジュン(チェロ)、遠藤文江(クラリネット)
  • シェーンベルク:弦楽四重奏のためのスケルツォ
  • ブラームス:クラリネット五重奏曲
  • ブラームス:弦楽五重奏曲第5番
  • 料金 全席指定4,000円、2夜連続7,000円
  • 問合せ ラ・ムジカ・フェリーチェ TEL 090-8967-1540

5月28日(土)加納律子オーボエ・リサイタル

コロナ禍のため4年ぶりとなるリサイタルは、オーボエの代表曲をはじめ、ヴィオラを加えての隠れた名曲をプログラム。この音色と響きは必聴でしょう。

  • 2022年5月28日(土)14:00
  • 金沢市アートホール
  • 出演 加納律子(オーボエ)、ダニイル・グリシン(ヴィオラ)、鶴見彩(ピアノ)
  • シューマン 3つのロマンス
  • ブリテン:世俗的変奏曲
  • レフラー:2つのラプソディ
  • サン=サーンス:ソナタ
  • ブラームス:6つの小品より
  • ヒンデミット:三重奏曲
  • 料金 全席自由3,000円、25歳まで2,000円
  • 問合せ rk20180526@gmail.com

2021.12.06 お知らせ第20回北陸新人登竜門コンサート〈管弦打楽器部門〉出演者決定

第20回北陸新人登竜門コンサート〈弦管打楽器部門〉の出演者に2名の若き音楽家が決定

北陸にゆかりのある新人演奏家の発掘と支援を目的としたオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)「北陸新人登竜門コンサート」のソリストを決めるオーディションの第2次審査が、2021年12月6日に石川県立音楽堂コンサートホールにおいて行われました。

第1次審査(ビデオ審査)を通過した10名の音楽家が演奏を披露し、この度の登竜門コンサートの舞台に立つに相応しいと評価された下記2名が優秀者として選ばれました。コンサートは2022年5月15日(日)15時より石川県立音楽堂にて。地域から羽ばたく音楽家へのご声援をお願いします。

優秀者(審査順)

安嶋 美裕(石川県出身・愛知県芸術大学 3年次在学中)
藤田 菜月(富山県出身・東京音楽大学 3年次在学中)

第2次オーディション審査員
  • ユベール・スダーン(OEK首席客演指揮者)
  • 水野信行(ホルン奏者)
  • 松井直(OEKコンサートマスター)
第20回北陸新人登竜門コンサート〈弦管打楽器部門〉について
  • 開催日時 2022年5月15日 15:00〜
  • 会場 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮 ユベール・スダーン
  • 管弦楽 オーケストラ・アンサンブル金沢

2021.07.01 お知らせオーケストラ・キャラバン 8月、3つのオケが金沢に!

社会にインパクトを与え続ける新型コロナウイルスは、地域の文化芸術活動にも大きな影響を及ぼしています。最近のOEKで言えば、石川県の学校を対象としたコンサートが5月の感染拡大に伴い多くが中止となってしまいましたが、文化芸術に触れる(または創造する)機会の損失は豊かな心を育む上で大変深刻な問題です。

オーケストラ・キャラバン

このような新型コロナウイルスによる萎縮を乗り越える助けとなるべく、日本オーケストラ連盟に加盟するプロ・オーケストラでは、この夏から「オーケストラ・キャラバン」プロジェクトを展開します。21の素晴らしいオーケストラが1月末までの期間中に全国37会場で47公演を実施するという大規模なもの。全国各地にオーケストラの響きを届けます。

参照 公益社団法人日本オーケストラ連盟ウェブサイト

OEKも本プロジェクトに参加しており、7月27日入善(富山)、9月24日津山(岡山)、9月25日日南町(鳥取)、1月30日三原(広島)にて公演を行う予定です。そして金沢にも8月に3つのオーケストラが、魅力的なプログラムを携えてやってきます!

8月20日(金)19:00開演 大阪交響楽団
8月23日(月)セントラル愛知交響楽団
8月24日(火)日本フィルハーモニー交響楽団
  • 主催 公益社団法人日本オーケストラ連盟、大阪交響楽団(8/20)、セントラル愛知交響楽団(8/23)、日本フィルハーモニー交響楽団(8/24)
  • 助成 文化庁 大規模かつ質の高い文化芸術活動を核としたアートキャラバン事業

チケットは7月8日より発売。3公演をセットにした割引チケットもあります。ぜひこの機会に多くのオーケストラを体験してください!

2021.06.06 お知らせミンコフスキ特別公演の開催予定について(6/29更新)

(6月29日更新)現在ミンコフスキの来日に向けて準備を進めています。最新の情報につきましては7月3日を目処にご案内します。恐れ入りますが今しばらくお待ちください。

定期公演と2つの特別公演

どれだけの人が予想していたでしょうか。オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)では、7月のミンコフスキ指揮の定期公演に加えて、2つのベートーヴェン全交響曲演奏会を計画しています。これは去る3月定期へのミンコフスキ招聘断念まもなくから温めてきたアイディアでした。

本来であれば、できるだけ早い時期にこのニュースをお伝えしたかったのですが、それをできない事情がありました。事実を述べるならば私たちの芸術監督ミンコフスキにはまだ入国の許可が下りていません。私たちとミンコフスキは、今回の公演に向けて本人のワクチン接種はもちろん、関係省庁との協議を重ね、政府の求める感染症対策に応じて入念に準備を進めてきましたが、新型コロナウイルスをめぐる世界の状況が変化する中で最終的な政府による入国可否の判断は6月下旬となる見通しです。

監督によるベートーヴェン・ツィクルス

それでも私たちは、これ以上(実に20ヶ月以上になります)芸術監督の登壇のないことは、OEKのアイデンティティにも関わってくること捕らえており、今回の公演開催を諦めず結果を待ちたいと考えています。

これまでも私たちは、重要な時期に歴代の音楽監督とベートーヴェンの交響曲全曲演奏に取り組んできました。室内オーケストラであるOEKにとって、監督とともにベートーヴェンを集中的に取り上げることは、その時点でOEKができる最高の音楽を皆様と共有するとともに、更なる飛躍の土台を手にできる極めて貴重なチャンスです。加えて、これまで世界のオーケストラに新風を運んできたミンコフスキにとって全曲演奏は初めてのことであり、それは世界的な視野で見てもエポックメイキングな出来事です。

私たちとミンコフスキは、このプロジェクトの完結に強い意欲を持っています。そしてこのようなプロジェクトには「Il faut battre le fer pendant qu'il est chaud(鉄は熱いうちに打て)」という言葉が重要であることを知っています。

すでに申し上げたように、ミンコフスキの来日が叶わない可能性もあります。その場合には、定期公演も含め、日程・内容の変更等のご案内を差し上げることになります。皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、事情をご賢察のうえチケットをご購入いただきますようお願い申し上げます。

そして、芸術監督ミンコフスキによる定期公演そして特別公演2公演を、私たちとともに、楽しみにお待ちいただけますと幸いです。

  • 特別公演:ミンコフスキ×OEK ベートーヴェン全交響曲演奏会
  • 2021年7月13日(火)18:30開演(17:30開場)
  • 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮: マルク・ミンコフスキ
  • ベートーヴェン: 交響曲 第2番 ニ長調 作品36
  • ベートーヴェン: 交響曲 第8番 ヘ長調 作品93
  • チケット情報、公演詳細はこちら
  • 特別公演:ミンコフスキ×OEK ベートーヴェン全交響曲演奏会
  • 2021年7月15日(木)18:30開演(17:30開場)
  • 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮: マルク・ミンコフスキ
  • ベートーヴェン: 交響曲 第6番 ヘ長調 作品68 「田園」
  • ベートーヴェン: 交響曲 第5番 ハ短調 作品67 「運命」
  • チケット情報、公演詳細はこちら
  • (参考)第443回定期公演:ミンコフスキ×OEK ベートーヴェン全交響曲演奏会
  • 2021年7月10日(土)14:00開演(13:00開場)
  • 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮: マルク・ミンコフスキ
  • ベートーヴェン: 交響曲 第1番 ハ長調 作品21
  • ベートーヴェン: 交響曲 第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」
  • チケット情報、公演詳細はこちら

2021.06.01 お知らせ第19回北陸新人登竜門コンサートは6月10日より配信

OEKが北陸三県の新人演奏家の発掘・支援と音楽文化の発展のため開催している「北陸新人登竜門コンサート」では、毎年オーディションで選ばれた素晴らしい新人がOEKと共演し、その後の活躍の場を広げています。

ところが、〈ピアノ部門〉の開催を予定していた昨年の公演はコロナ禍のため今年に順延。そして今年も公演直前なって「石川非常事態宣言(9日から石川緊急事態宣言)」が発出され、この時期の有観客での公演はできない事態となりました。今年こそはと意気込んでいた関係者一同ではありましたが、再延期は「次の」新人のチャンスを奪うことにも繋がりかねないため、熟慮の結果OEKでは無観客で演奏した映像をOEKのYouTubeチャンネルにて配信することといたしました。

第19回北陸新人登竜門コンサート〈ピアノ部門〉 オーディション優秀者
  • 柳原奈侑
    ピアノ
    柳原奈侑ピアノ
    石川県白山市出身。2000年生まれ。第66回全日本学生音楽コンクール小学校の部/大阪大会本選第1位・全国大会入賞。第68回同コンクール中学校の部/大阪大会本選入選。第69回同コンクール中学校の部/大阪大会第2位・全国大会入賞。ラ・フォル・ジュルネ金沢や風と緑の楽都音楽祭石川県縦断コンサートなど多数出演。桐朋女子高等学校音楽科卒業。桐朋学園大学カレッジディプロマコース在学中。2017年、同高校スチューデンツ・コンサートに出演。現在、大西真由子氏に師事。
  • 石田詩葉
    ピアノ
    石田詩葉ピアノ
    富山県出身。富山県立呉羽高等学校卒業。武蔵野音楽大学音楽学部演奏学科ヴィルトゥオーゾコース卒業。福井直秋記念奨学金特別給費奨学金奨学生(特待生)。学内オーディションに合格し、武蔵野音楽大学管弦楽団演奏会のソリストとして共演。2019 年 第 6 回とやまクラシックピアノコンクールにおいてグランプリ受賞。吉田朝美、里見治美、大林規子、田代愼之介の各氏に師事するほか、 ケマル・ゲキチ氏のレッスンを受ける。現在、武蔵野音楽大学修士課程1年次在学中。
  • 篠永紗也子
    ピアノ
    篠永紗也子ピアノ
    石川県出身。東京音楽大学卒業。同大学院修了。2008年いしかわミュージックアカデミーIMA音楽賞受賞。2015年第39回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、2018年第37回飯塚新人音楽コンクール第1位ほか受賞多数。これまでに井上道義指揮オーケストラ・アンサンブル金沢、飯守泰次郎指揮東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団と共演するほか、多くのリサイタルに出演。海外でも演奏活動を行う。現在、ウィーン国立音楽大学にてアンナ・マリコヴァ氏に師事。

※ 篠永紗也子さんは留学中のウィーンから帰国しての演奏が困難なため今回の出演を断念されました。

第19回北陸新人登竜門コンサートの詳細についてはこちら

 

素晴らしい楽曲を皆様と同じ空間で共有できないことは大変残念ですが、少し見方を変えるなら、インターネットでの配信は、オーディションで選ばれた新進の音楽家を石川県のみならず世界に向けて披露することに他なりません。ぜひ動画をご覧いただき、気に入っていただけたならご友人にお知らせください。困難の時期を乗り越えて羽ばたこうとする北陸ゆかりの若いアーティストとOEKを、今後も応援いただけたなら幸いです。

【告知】登竜門コンサート6/10公開。鈴木織衛(指揮)より独奏者紹介とメッセージ。

2021.04.26 変更公演内容変更(5/16 北陸新人登竜門コンサート)のお知らせ

2021年5月16日に当財団が主催いたします「第19回北陸新人登竜門コンサート《ピアノ部門》」につきまして、出演を予定しておりました篠永紗也子氏と当財団は、氏の現在の留学先であるウィーンの新型コロナウイルスの拡大状況と、オーストリア政府の感染症対策の状況を踏まえて協議を行い、帰国しての本公演出演を断念する結論に至りました。

出演を楽しみにしていらっしゃいました皆様にはお詫びを申し上げますとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

また、本公演に出演いたします柳原、石田の両氏と合わせ、ウィーンにて研鑽を続ける篠永氏の更なる成長にもご声援をお願いいたします。

《変更後》
  • 第19回北陸新人登竜門コンサート《ピアノ部門》
  • 2021年5月16日(日)15:00開演
  • 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮:鈴木織衛(OEK専任指揮者)
  • ピアノ:柳原奈侑
  • ピアノ:石田詩葉
  • ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調 (柳原)
  • ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第4番 ト長調 作品58 (石田)

※ 約60分の公演となります。休憩はございません。

2021.04.21 変更公演内容変更(7/23 第444回定期公演・7/25 フェスタサマーミューザKAWASAKI)のお知らせ

2021年7月23日に開催を予定しております第444回定期公演につきましては、新型コロナウイルスの影響により、出演予定のロベルト・ゴンザレス=モンハス氏(指揮)の来日が見通せないことから、出演者と曲目を下記の通り変更して開催することといたします。

ゴンザレス=モンハス氏の出演を楽しみにしていらっしゃいました皆様にはお詫びを申し上げますとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

《変更後》
  • 第444回定期公演フィルハーモニー・シリーズ
  • 2021年7月23日(金祝)19:00開演
  • 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮:井上道義(OEK桂冠指揮者)
  • ヴァイオリン:神尾真由子
  • シューベルト:交響曲 第4番 ハ短調
  • プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調
  • ハイドン:交響曲 第102番 変ロ長調
  • フェスタ サマーミューザ KAWASAKI 公演
  • 2021年7月25日(日)15:00開演
  • ミューザ川崎シンフォニーホール
  • 指揮:井上道義(OEK桂冠指揮者)
  • ヴァイオリン:神尾真由子
  • シューベルト:交響曲 第4番 ハ短調
  • プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調
  • プロコフィエフ:古典交響曲

2021.04.09 変更出演者変更(5/29 第442回定期公演)のお知らせ

2021年5月29日に開催を予定しております第442回定期公演につきましては、新型コロナウイルスの影響にともなう入国制限により、出演者のジャン=クロード・カサドシュ(指揮)ならびにトーマス・エンコ(ピアノ)の来日が見通せないことから、公演内容を下記の通り変更して開催することといたします。

カサドシュ氏、エンコ氏の出演を楽しみにしていらっしゃいました皆様にはお詫びを申し上げますとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

《変更後》
  • 第442回定期公演マイスター・シリーズ
  • 2021年5月29日(土)14:00開演
  • 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮:原田慶太楼
  • ピアノ:横山幸雄
  • 吉松隆:アトム・ハーツ・クラブ組曲 第1番 作品70b ※追加
  • モーツァルト:ピアノ協奏曲 第24番 ハ短調 K. 491
  • ビゼー:交響曲 ハ長調

2019.11.28 挾間美帆新曲、まもなく世界初演!第424回定期公演マイスター・シリーズ

 アメリカの雑誌で「ジャズの未来を担う25人」に若くして選ばれ、現在ニューヨークを拠点に活動する挾間美帆。ジャズのみならずドラマや映画の音楽も手がけているが、これまでにモルゴーア・カルテット、東京フィル、シエナ・ウィンド・オーケストラへの作曲委嘱も手がけ、クラシック音楽も高い評価を得ています。
 OEKのコンポーザー・オブ・ザ・イヤーとしてもその作品にも注目が集まる中、本人より作品のタイトルが届きました。

 「南坊の誓い(みなみぼうのちかい)」 

ー「南坊」は、高山右近が前田家に仕えていた金沢滞在時代の呼び名です。私は日本史が大好きなので、歴史ロマンを感じられる作品になるよう、構想を練っています。(挾間)-

 世界初演は、ヨーロッパ音楽界でも注目を集め、今年2月にオペラ「金閣寺」日本公演のタクトをになった俊英、マキシム・パスカルの指揮で行います。挾間さんが手がけたアルバム「ダンサー・イン・ノーホエア」が今年度のグラミー賞候補に選ばれますます注目され、OEK委嘱作品の世界初演にも期待が高まります。

第424回定期公演マイスター・シリーズ 2020年1月25日(土)14:00 石川県立音楽堂