オーケストラ・アンサンブル金沢

NEWS

ニュース

2022.07.09 アンコール公演アンコール曲(2022年7/8月)

  • 第457回定期公演
  • 2022年7月15日(金)19:00 石川県立音楽堂コンサートホール
  • J. S. バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ ソナタ 第3番 ハ長調 BWV 1005より 第2楽章ラルゴ(演奏:小林美樹)
    シベリウス:悲しきワルツ 作品44
  • 第456回定期公演
  • 2022年7月9日(土)14:00 石川県立音楽堂コンサートホール
  • J. S. バッハ:協奏曲 ニ短調 BWV 974より 第2楽章アダージョ(演奏:三浦謙司)
    シューマン(Jos.シュトラウス編):子どもの情景 作品15より 第7曲「トロイメライ」

過去のアンコール曲

2022.06.16 募集第21回北陸新人登竜門コンサート:声楽部門ソリスト募集

2023年度は声楽部門を実施

オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)を運営する公益財団法人石川県音楽文化振興事業団では、北陸三県の新人演奏家の発掘・支援と音楽文化の発展のため「北陸新人登竜門コンサート」を毎年開催しています。これまでもオーディションで選ばれた新人演奏家が、本コンサートにてOEKとの共演機会を得て、素晴らしい演奏を披露するとともに、その後の活躍の場を広げてきました。

オーディションは、部門を〈ピアノ〉〈弦・管・打楽器〉〈声楽〉の3つの部門が毎年1部門ずつ開催され、21回目となる今回は声楽部門を下記の要領で実施します。皆様のご参加をお待ちしています。

オーディション・公演日程

  • 第1次審査(ビデオ審査) 2022年10月15日 申込締切
  • 第2次審査(ライブ審査) 2022年12月12日(石川県立音楽堂コンサートホール)
  • コンサート(予定) 2023年5月21日(石川県立音楽堂コンサートホール)

2022.06.13 岩城宏之音楽賞2022年度 第16回「岩城宏之音楽賞」選考結果について

岩城宏之OEK永久名誉音楽監督の遺志を受け2007年に創設致しました、北陸にゆかりのある実力ある音楽家に贈られる「岩城宏之音楽賞」の2022年度の受賞者が、下記のとおり決定いたしましたのでお知らせいたします。受賞者には、本年9月10日(土)に石川県立音楽堂で開催される「岩城宏之メモリアル・コンサート」に、ソリストとしてご出演を頂きますとともに、公演冒頭において当音楽賞の表彰および副賞(賞金50万円)が授与されます。

岩城宏之音楽賞について

岩城宏之賞受賞者

竹多 倫子(ソプラノ、石川県出身)

石川県立金沢二水高等学校、愛知県立芸術大学卒業、東京藝術大学大学院修了。第47回日伊声楽コンコルソ第1位及び歌曲賞。第82回日本音楽コンクール声楽部門(オペラ・アリア)第1位及び岩谷賞(聴衆賞)、E. ナカミチ賞。オルヴィエート国際声楽コンクールにて『蝶々夫人』題名役を歌唱して優勝。平成26年度文化庁新進芸術家海外研修生。平成29年度第28回五島記念文化賞オペラ新人賞受賞。文化庁新進芸術家海外研修制度及び五島記念文化賞オペラ新人賞により渡伊。ミラノ、ヴェローナで研鑽を積む。その間、マンチネッリ歌劇場『蝶々夫人』題名役にてイタリアでオペラデビューを果たす。国内では、小澤征爾音楽塾『フィガロの結婚』伯爵夫人役カヴァーキャストとして参加し、特別公演に出演。2017年には日生劇場『ルサルカ』題名役で好評を博す。21年東京二期会オペラデビューとなった『タンホイザー』では、ヒロイン・エリーザベトを演じ、磨き上げられた豊かな声と気品ある演唱で高い評価を得た。NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」出演。また、22年5月には五島記念文化賞の研修成果発表のリサイタルを開催し、意欲的なプログラムで更なる成長を印象付けた。今後は、23年2月東京二期会『トゥーランドット』リュー役に出演予定。2020〜22年度「公共ホール音楽活性化事業(おんかつ)」登録アーティスト。令和3年度石川県文化奨励賞受賞。二期会会員。

審査員

  • 木村かをり(ピアニスト、故岩城宏之夫人)
  • 池辺晋一郎(作曲家、石川県立音楽堂洋楽監督)
  • 広上淳一(指揮者、OEKアドヴァイザー [9月よりアーティスティック・リーダー])

受賞者のコメント

岩城宏之マエストロの「金沢から世界へ文化を発信する」という想いのもと、オーケストラ・アンサンブル金沢が設立され、私もOEKの演奏を聴いて育ち、今はオペラ歌手として音楽を届ける立場として携わらせていただいております。石川の誇りでありますOEKの、産みの親とも言うべき岩城マエストロの音楽賞を受賞させていただけることに、地元・金沢の人間として大変光栄でありますと同時に、大変に身の引き締まる想いです。そして、岩城マエストロの想い、音楽・文化の発信にご尽力くださってきた皆様の想いを受け継ぎ、私も石川県出身者として音楽を世界に発信できる音楽家になれるよう、今回の受賞を励みに、より一層音楽に邁進していきたいと思っております。

岩城宏之メモリアル・コンサート公演日程

  • 日時 2022年9月10日(土)14:00開演
  • 会場 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮 広上淳一
  • 管弦楽 オーケストラ・アンサンブル金沢

詳細はこちら

2022.06.13 オーケストラ・キャラバン【PR】

 

「オーケストラ・キャラバン」は文化庁「統括団体によるアートキャラバン事業(コロナ禍からの文化芸術活動の再興支援事業)」により開催されます。

オーケストラ、オペラ、バレエ、演劇、能、ポップス、文化施設等の関係団体が力を合わせ、文化芸術の重要性や魅力を発信することによりコロナ禍による萎縮を乗り越え、社会全体の活性化を図ることを目的として、全国各地で舞台の幕が上がります。

「オーケストラ・キャラバン」は(公社)日本オーケストラ連盟加盟団体の全国のオーケストラが来年1月まで全国42公演を開催いたします。(OEKは7月に北海道にて3公演を開催いたします。)

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

詳しくは公式ウェブサイトをご覧ください。

2022.06.02 お知らせアフィニス夏の音楽祭2022 NAGAOKA【PR】

「アフィニス夏の音楽祭」は、公益財団法人アフィニス文化財団が主催する、国内プロオーケストラ・メンバーのためのセミナー音楽祭です。 全国のプロオーケストラからの“参加者”と世界の一流オーケストラなどで活躍している“招聘演奏家”が一堂に集い、「セミナー」「コンサート」「音楽交流プログラム」の3つのプログラムに取り組みます。

2022 年のテーマ「Forward!前進!」のとおり、室内楽の傑作に 加え 日本初演の3曲、そして演奏機会の少ない声楽付きの名曲、ラヴェルの「ステファヌ・マラルメの3つの詩」(器楽版)にチャレンジします。3年ぶりの“再会”そして演奏家の熱意に刮目ください。

詳しくは公式ウェブサイトをご覧ください。

2022.05.21 アンコール公演アンコール曲(2022年5/6月)

  • 小松定期公演「春」
  • 2022年6月28日(火)19:00 こまつ芸術劇場うらら大ホール
  • イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第4番 ホ短調 作品27-4より 第2楽章サラバンド(演奏:郷古廉)
    ドヴォルザーク:チェコ組曲 ニ長調 作品39より 第2曲ポルカ
  • 第455回定期公演
  • 2022年5月21日(土)14:00 石川県立音楽堂コンサートホール
  • シュテルツェル(ヒューイット編):あなたが私とともにいるのなら(演奏:アンジェラ・ヒューイット)
    J. S. バッハ:ピアノ協奏曲 第5番 へ短調 BWV1056より 第2楽章ラルゴ

過去のアンコール曲

2022.04.28 楽団員募集楽団員(チェロ首席、ヴィオラ副首席、ティンパニ、オーボエ)募集

オーケストラ・アンサンブル金沢では以下の楽団員を募集します。オーディション受験希望者は募集要項を確認の上、Eメールにてお申し込みください。

チェロ首席奏者: 1名

  • 応募締切: 2022年7月19日 (必着)
  • 予備審査: 2022年8月上旬 (ビデオ審査)
  • 第1次審査: 2022年9月11日 (ライブ審査)
  • 第2次審査: 2020年9月11日 (ライブ審査)

募集要項 (PDF)

応募用紙 (Microsoft Wordファイル)

応募用紙 (PDFファイル)

ヴィオラ副首席奏者: 1名

  • 応募締切: 2022年7月19日 (必着)
  • 予備審査: 2022年8月上旬 (ビデオ審査)
  • 第1次審査: 2022年9月12日 (ライブ審査)
  • 第2次審査: 2020年9月12日 (ライブ審査)

募集要項 (PDF)

応募用紙 (Microsoft Wordファイル)

応募用紙 (PDFファイル)

ティンパニ(打楽器兼務)奏者: 1名

  • 応募締切: 2022年7月19日 (必着)
  • 予備審査: 2022年8月上旬 (ビデオ審査)
  • 第1次審査: 2022年9月14日 (ライブ審査)
  • 第2次審査: 2020年9月14日 (ライブ審査)

募集要項 (PDF)

応募用紙 (Microsoft Wordファイル)

応募用紙 (PDFファイル)

オーボエ(イングリッシュホルン)奏者: 1名

  • 応募締切: 2022年7月19日 (必着)
  • 予備審査: 2022年8月上旬 (ビデオ審査)
  • 第1次審査: 2022年9月19日 (ライブ審査)
  • 第2次審査: 2020年9月20日 (ライブ審査)

募集要項 (PDF)

応募用紙 (Microsoft Wordファイル)

応募用紙 (PDFファイル)

2022.04.18 就任・退任2022年9月以降のOEK新指揮者陣について

4月18日、オーケストラ・アンサンブル金沢は、石川県立音楽堂にて9月からの新シーズン・ラインナップならびに、広上淳一氏をアーティスティック・リーダーに迎える新指揮者陣を発表しました(広上氏はリモートで参加)。多彩なプログラムとともに広上OEK時代の幕開けとなる新シーズンにどうぞご期待ください(新シーズン・プログラムについてはこちら)。

新指揮者陣(2022年9月より)

  • アーティスティック・リーダー 広上淳一
  • パーマネント・コンダクター 川瀬賢太郎
  • コンダクター 松井慶太
  • 永久名誉監督 岩城宏之
  • 桂冠指揮者 井上道義
  • 桂冠指揮者 マルク・ミンコフスキ
  • 名誉アーティスティック・アドヴァイザー ギュンター・ピヒラー
  • 名誉アーティスティック・アドヴァイザー ユベール・スダーン

アーティスティック・リーダー広上淳一のもと、川瀬賢太郎はこれまでの肩書きから「ゲスト」が取れ、パーマネント・コンダクターに、松井慶太が新たにコンダクターに就任。現芸術監督のマルク・ミンコフスキは桂冠指揮者に、現首席客演指揮者のユベール・スダーンは名誉アーティスティック・アドヴァイザーとして、それぞれOEKの指揮者陣に名を連ねます。また、現専任指揮者の鈴木織衛氏は任を離れますが、OEKが信頼する指揮者として引き続きOEKのコンサートにご出演を頂く予定です。

均一化するグローバル社会の中で、街の人々の拠り所となる楽団に(広上淳一発言要旨)

岩城先生の時代、当時の室内オーケストラの流行やグローバル化の流れの中で国際色豊かなOEKが生まれました。果たしてグローバル化が進み、コンピュータが発展し、金融システムが高度化した現代、人間は幸せを感じているでしょうか。むしろ逆行しているとさえ私は思います。私たちがそれを救えるとすれば、ヨーロッパのどのような小さな街にもオーケストラやオペラハウスがあるように、街とのつながりを大切にするオーケストラへとOEKを再構築することが必要だと考えます。室内オーケストラのままで良いのかどうか。グローバル化は良しとしても、その在り方はどうか。様々な国籍のメンバーが、そこに住む人々と密接に結びつき、一緒に街の文化を育んでいく、そのようなオーケストラになって欲しい。行政や人々にOEKを街の代表としての拠り所として考えてもらえるように、そして石川から北陸全体に音楽文化を届ける楽団に成長してもらうために何かができたら、僕の人生はこれで終わりかな、と。最後の仕事としてこの役目を引き受けました。

2022.04.18 シーズン・プログラム2022/23シーズン・プログラムについて(6/7更新)

4月18日、オーケストラ・アンサンブル金沢は、石川県立音楽堂にて9月からの新シーズン・ラインナップならびに、広上淳一氏をアーティスティック・リーダーに迎える新指揮者陣を発表しました。多彩なプログラムとともに広上OEK時代の幕開けとなる新シーズンにどうぞご期待ください(新体制についてはこちら)。定期会員の新規募集は6月末から開始します。(→7月4日より新規受付予定)

新シーズン・プログラム

新シーズンも、室内管の魅力をご堪能いただくフィルハーモニー・シリーズ8公演、土曜のマチネー公演マイスター・シリーズ5公演、ジャンルを横断したファンタスティック・オーケストラコンサート3公演の計16公演を展開。また特別公演として岩城宏之メモリアルコンサート、賛助会員を招待(一般にも公開)してのありがとうコンサートオーケストラの日2023を開催します。

聴きどころ
  1. 広上淳一 アーティスティック・リーダー就任披露シリーズ
  2. コンポーザー・オブ・ザ・イヤー 細川俊夫氏の新曲「セレモニー」
  3. 巨匠ジャン=クロード・カサドシュOEK初登場
  4. 若手アーティストの起用
  5. 卓越したアーティストとの共演

広上淳一 アーティスティック・リーダー就任披露シリーズ

就任後、最初の定期公演への登場となる9月18日の第458回定期公演と、続く名古屋・大阪、東広島、境港公演。3月21日第467回定期公演と続く東京定期公演。9月10日に開催予定の岩城宏之メモリアルコンサートにも登場。

コンポーザー・オブ・ザ・イヤー細川俊夫〈セレモニー〉

コンポーザー・オブ・ザ・イヤーの細川俊夫氏の新曲が、早くも10月1日第459回定期公演に登場。チューリヒ・トーンハレ管との共同委嘱のフルートとオーケストラのための作品で、沖澤のどかエマニュエル・パユとともに日本初演を務めます。

フランスの巨匠ジャン=クロード・カサドシュ登場

芸術監督ミンコフスキの推薦により2021年5月に予定されていた巨匠との共演が、第467回定期公演でついに実現。

若手アーティストの起用

広上淳一とシーズン開幕公演を飾る神尾真由子第458回)、前述の沖澤のどか第459回)、パーマネント・コンダクターとなった川瀬賢太郎と宮田大第462回)、前回の鮮烈な印象そのままにフランスでの人気も高まるデュムソーの再登場(第463回)、マエストロ広上の信頼も厚い米元響子第466回)、パールマン秘蔵のグースビー日本デビュー(第469回)、ミンコフスキのアシスタントを務めたライジングスターカラタユーと辻井伸行の超名曲集(第470回)。若手アーティストたちがOEKとどのような化学変化を起こすのか期待が高まります。

卓越したアーティストとの共演

一方で、卓越したアーティストとの共演ももちろん存分に。意外にも(?)初共演のベルリン・フィル首席フルートパユ第459回)、ピアニストでパリ室内管監督のフォークト第460回)、久しぶりの共演が楽しみな元ベルリン・フィルコンサートマスター安永徹&市野あゆみ第461回)、飛ぶ鳥を落とし尽くした感もある鈴木優人464回)、全てが一級のマルチな才能ヴィトマン第465回)、英音楽の伝統を継ぐ作曲家であり次期BBCスコティッシュ響首席指揮者ウィグルスワース第469回それぞれの卓越した個性がOEKの魅力をより引き出してくれるに違いありません。

豊かな響きを生む本拠地・石川県立音楽堂でオーケストラ・アンサンブル金沢の音楽は、その真価を最も発揮します。一流のアーティストたちと作り上げる音楽をぜひ金沢で体験してください。

2022.03.30 作品募集 / Call for Scores《和洋の響 III》オーケストラ作品(新曲)募集

Guideline and Application Form (PDF, English)

藩政期から続く伝統文化とクラシック音楽が出逢い、響き合う石川県立音楽堂では、その開館以来オーケストラ・アンサンブル金沢によって多くの「和」と「洋」のコラボレーション作品が上演され、石川・金沢の文化に厚みを加えてきました。2020年度からは《和洋の響》公演において、公募による優秀作品を初演しています。

(公財)石川県音楽文化振興事業団は、本年度も《和洋の響》公演を開催することとし、引き続き、若手作曲家の方々を対象として下記の通り演奏作品を募集します。採用作品は、オーケストラ・アンサンブル金沢の演奏により広く国内外に発信されます。新たな文化が生まれる瞬間に相応しい、皆様の作品のご応募をお待ちしております。

要項

採用作品点数 1点
応募資格 40歳以下(公演当日の年齢)で、作曲を学んでいる方
応募方法 所定の申込書に必要事項を記入し、提出物とともに事務局へ送付すること
受付期間 2022年9月1日(木)〜9月30日(金) 必着
条件・内容
  • 能舞と合わせることが可能な、邦楽器を取り入れたオーケストラ作品(形式自由)
  • 未発表の曲であること
  • 誰もが親しむことができ、繰り返しの再演が期待される作品であること
  • 邦楽器は、三味線、尺八、琵琶、胡弓、箏(十三絃)から1または2つを選択し、取り入れること
演奏時間 7分程度とする
編成 OEKが演奏可能な編成とする(最大:8型, 2222-2200, Timp1(Perc兼務可), Perc1)
提出物 所定の申込書、スコア(印刷されたもの2部)、デモ音源(CD)
審査委員
  • 審査委員長 池辺晋一郎(作曲家、石川県立音楽堂洋楽監督)
  • 審査委員 松井慶太(初演指揮者)
採用通知 2022年10月31日(日)までにEメールまたは電話にて応募者へ通知したうえで、採用作品については、各種メディア、ウェブサイト等にて公表します。
作品発表
  • 日時 2023年2月12日(日)14:00開演 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮 松井慶太
  • 管弦楽 オーケストラ・アンサンブル金沢
採用謝礼 10万円
その他 2022年2月10日、11日のリハーサルと2月12日の本番に立ち会うこと(国内交通費・宿泊費の支給あり)
主催
申込先
問合先
  • 公益財団法人石川県音楽文化振興事業団
    「和洋の響III」新曲募集係
  • 〒920-0856 石川県金沢市昭和町20-1
  • TEL 076-232-0171
  • EMAIL office@oek.jp
要項・申込書 要項(PDF) 申込書(PDF) 申込書(Microsoft Word)