オーケストラ・アンサンブル金沢

NEWS

ニュース

2020.06.29 岩城宏之音楽賞2020年度 第14回「岩城宏之音楽賞」選考結果について

故岩城宏之氏(OEK永久名誉音楽監督)の遺志を受けて2007年に創設され、北陸の実力ある音楽家に贈られる「岩城宏之音楽賞」の選考が、このほど審査員2名により行われ、下記のとおり第14回の受賞者が決定致しました。受賞者には、本年9月5日(土)オーケストラ・アンサンブル金沢が演奏する「岩城宏之メモリアルコンサート」において、ソリストとして出演していただくとともに、この公演の冒頭において、受賞者には当音楽賞と副賞の50万円を授与することとしております。

岩城宏之音楽賞について

岩城宏之賞受賞者

塚田尚吾(ピアノ、富山県出身)

富山市出身。富山県立富山中部高等学校を経て、京都市立芸術大学音楽学部を首席で卒業。卒業に際し市長賞・京都音楽協会賞受賞、同大学大学院音楽研究科修了。公益財団法人青山財団奨学生、宗次エンジェル基金/公益社団法人日本演奏連盟新進演奏家国内奨学金奨学生。岐阜国際音楽祭コンクール第1位、Paris Grand Prize Virtuoso国際コンクール第1位、他多数受賞。第13回北陸新人登竜門コンサートに合格し、金聖響、松井慶太、柳澤寿男指揮オーケストラ・アンサンブル金沢と共演。他、N響メンバーによるミラージュ・アンサンブル、京都精華学園高等学校、横島勝人指揮宇奈月アマデウス祝祭管弦楽団、高谷光信指揮岐阜県交響楽団、リッカルド・ミナーシ指揮ザルツブルク・ モーツァルテウム管弦楽団、金沢バレンタイン前夜祭スペシャルにて東京芸術大学教授の迫昭嘉氏と共演。富山県青少年音楽大賞、富山県知事賞、北日本新聞音楽奨励賞、京都芸術祭音楽部門新人賞受賞。これまでに読売新人演奏会、日演連主催リサイタル・シリーズ、おきでんシュガーホール新人演奏会、ラ・フォル・ジュルネ金沢音楽祭、いしかわ・金沢 風と緑の都音楽祭に出演し、ソロ・リサイタル、室内楽で多くの演奏会を開催する。これまでにピアノを留岡陽子、越野正信、関本昌平、鶴見彩、上野真、野原みどり、ヴィヴィアン・チェン、アンドレアス・グロートホイゼン、ピアノ・デュオを井上まゆみ、ピエトロ・デ・マリア、チェンバロを中野振一郎の各氏に師事。現在オーストリアのザルツブルク・モーツァルテウム大学ピアノソリスト課程在学中。

審査員

木村かをり(ピアニスト、故岩城宏之夫人)
池辺晋一郎(作曲家、石川県立音楽堂洋楽監督)

岩城宏之メモリアル・コンサート公演日程(予定)

日時:2020年9月5日(土)14:00開演
会場:石川県立音楽堂コンサートホール
管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢

2020.06.13 お知らせYouTubeにてOEKチャンネルを開設しました!

この度、オーケストラ・アンサンブル金沢ではYouTubeチャンネルを開設いたしました。しばらくは試行錯誤しながらの運営になりますが、facebooktwitterともども、ご愛顧いただけましたら幸いです。

手始めとして、これまでのOEKの活動の中から、2016年から2019年にかけて、名曲の美味しいところを集めて開催した全5回のシリーズ企画「池辺晋一郎が選ぶクラシック・ベスト100」より、各曲を1分ずつご紹介していきます。本日より1日5曲、20日で100曲を公開の予定です。

コンサートの再開に向けては、対策と検討を続けていますが、開催までには今しばらく時間がかかります。皆様には大変ご心配をおかけ致しますが、今後ともOEKへのご声援をよろしくお願い申し上げます。

YouTube OEKチャンネル

2020.06.01 メッセージ429回定期中止を受けて、ヒューイット氏からのメッセージ。

アンジェラ・ヒューイット氏からのメッセージ

新型コロナウィルス感染症の影響により中止となった第429回定期公演(5月23日)に出演を予定しておりましたアンジェラ・ヒューイット氏より皆さまへメッセージをいただきました(字幕:事務局)。

2020.05.26 チケット中止公演のチケット代の寄附で、税優遇が受けられるようになりました。

 国において、チケット代を払い戻さず「寄附」することにより税優遇を受けられる制度(※)が4月30日に新設され、この度、対象公演として下記の当財団主催公演が指定されました。
 当財団と致しましては、今後皆様の安心と安全を考慮した上で公演を実施し、「音」を通じて多くの人々に明るい夢が広がることを願い、引き続き活動を行ってまいります。
 皆様におかれましては、当財団の活動に変わらぬご支援を賜りますとともに、本制度の活用も合わせてご検討をいただけますと幸いです。

※本制度の詳しい内容、税優遇の内容、具体的な流れについては以下をご覧ください。
文化庁・スポーツ庁:(制度の御案内)(寄附控除適用までの流れ、Q&A

優遇(税控除)のイメージ

「寄附」合計額から2,000円を引いた額の40%分にあたる金額が所得税から減額されます(税額控除の場合)。

例えば、10,000円のチケット代金を払い戻さずに「寄附」した場合 → 最大4,000円の減税となります!

※具体的な減税額は、所得額や居住されている自治体により異なります。

※所得額から寄附額を差し引く所得控除方式を選択することも可能ですが、多くの方は上記の税額控除方式の方が減税額が大きくなります。

※「寄附」合計額とは、今回の特例以外の既存の寄附金税制の対象寄附も含めた合計金額のことです。

対象となる方

下記公演(最下段に記載)のチケットを払い戻さずに、代金を当財団へご寄付いただける方。

※オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)定期会員様の定期会員券も対象となります。

※払い戻し期間が終了した公演も対象となります。

※すでに払い戻しを受けていても、寄付のお申し出により本制度を利用することができます。

手続きの方法

A)チケットの払い戻しを受けていない場合

郵送にて以下のものをお送りください。石川県立音楽堂チケットボックス(窓口)でも受付します。

  1. 必要事項を記載した申請書
  2. 対象公演のチケット

申請書のダウンロード(PDF)申請書のダウンロード(Microsoft Word)

上記申請書を利用できない場合は、同様の内容を記載した書類・メモをお送りください。その場合は書面上に「払戻請求権放棄」と忘れずに明記してください。

送付先
〒920-0856 石川県金沢市昭和町20-1
公益財団法人石川県音楽文化振興事業団 チケット寄付係

B)チケットの払い戻しを受けている場合

Eメールもしくはお電話にて以下の内容をお知らせください。追って当方よりその後の手続きについてご連絡を差し上げます。

  1. 対象公演名
  2. チケットの席種、金額、枚数(分かる範囲で)
  3. 連絡先情報(氏名、Eメールアドレス、郵便番号、住所、電話番号)
連絡先
EMAIL kifu@oek.jp
TEL 076-232-8111 (チケット寄付係)

申請受付後、概ね2ヶ月以内(年末受付分は1月末まで)に確定申告に必要な書類をお送りします。ご自身にて確定申告を行なって頂くことにより税優遇を受けることができます。

寄付の受付期間

2020年12月31日受付分まで

※ただし、すでに払い戻しを受けている場合は2020年10月31日受付分まで

対象となる文化庁指定の当財団主催公演(6月5日現在)

開催日 公演名 会場※
7/16(木) OEK 第431回定期公演(川瀬&菊池) C
7/4(土) OEK 第430回定期公演(ルスティオーニ&デゴ) C
6/17(水) 音楽堂寄席 その十二〈特選寄席〉 H
5/23(土) OEK 第429回定期公演(ヒューイット) C
5/17(日) 北陸新人登竜門コンサート〈ピアノ部門〉 C
4/23(木) OEK 第428回定期公演(田中祐子) C
4/11(土) OEK ファンタスティック・オーケストラコンサート(平原綾香) C
3/29(日) 音楽堂クラシック for キッズ「トム&ジェリー」 C
3/27(金) OEK オーケストラの日2020 C
3/23(月) OEK 第36回東京定期公演(ミンコフスキ) サントリーホール
3/21(土) OEK 第427回定期公演(ミンコフスキ) C
3/7(土) OEK 第426回定期公演(ヴィトマン) C
3/3(火) ランチタイムコンサート ~花の二重唱~ C
3/1(日) OEK&石川県学生オーケストラ合同公演 C
 2/29(土)  芸の鼓動 H

※ C=コンサートホール、H=邦楽ホール、K=交流ホール(全て石川県立音楽堂)

内容、手続き、ご不明な点などお気軽にお問い合わせください。

〒920-0856 金沢市昭和町20-1
公益財団法人石川県音楽文化振興事業団 チケット寄付係
TEL 076-232-8111

2020.05.19 主催公演のチケット発売日、新規定期会員募集開始日についてお知らせ(チケット発売日延期)

OEKを運営する公益財団法人石川県音楽文化振興事業団では、現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため公演を中止・延期していますが、今後の公演開催に向け、皆様が安心してお越しいただけるよう対策を検討中です。

チケット発売日、定期会員(新規)募集開始日の見直し

以下の公演については、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を行ったうえでの再開の目途が立つまでチケット発売日等を延期することとします。販売再開のスケジュールおよび方法につきましては、決定次第ウェブサイトにてお知らせいたします。

  • オーケストラ・アンサンブル金沢が主催する公演(7月16日以降開催分)
  • オーケストラ・アンサンブル金沢 2020-2021シーズン 新規定期会員募集
  • オーケストラ・アンサンブル金沢 2020-2021シーズン マイチョイス会員募集
  • 石川県立音楽堂が主催する公演(7月21日以降開催分)

2020.04.21 OEK&京響 合同公演 ~和洋の響~ 「能舞とオーケストラ」作品(新曲)募集オーケストラ作品(新曲)募集

Guideline and Application Form (PDF, English)

 藩政期から続く伝統文化とクラシック音楽が出逢い、響き合う石川県立音楽堂では、その開館以来オーケストラ・アンサンブル金沢によって多くの「和」と「洋」のコラボレーション作品が上演され、石川・金沢の文化に厚みを加えてきました。(公財)石川県音楽文化振興事業団では、その取組を発展させ、来る2021年2月14日に京都市交響楽団と協力した《和洋の響》公演を開催します。古都京都・金沢に育まれた両オーケストラが、互いを刺激し、高め合い、創造の舞台に新たな息吹を与えてくれることを期待して止みません。

 本公演の開催にあたり、(公財)石川県音楽文化振興事業団では、若手作曲家の方々を対象とし、下記の通り演奏作品を募集いたします。採用された作品は、オーケストラ・アンサンブル金沢の演奏により、広く国内外に発信されます。新たな文化が生まれる瞬間に相応しい、皆様の作品のご応募をお待ちしております。

要項

採用作品点数 1点
応募資格 40歳以下(公演当日の年齢)で、作曲を学んでいる方
応募方法 所定の申込書に必要事項を記入し、提出物とともに事務局へ送付すること
受付期間 2020年9月1日〜9月30日(必着)
条件・内容
  • 能舞と合わせることが可能な、邦楽器を取り入れたオーケストラ作品(形式自由)
  • 未発表の曲であること
  • 誰もが親しむことができ、繰り返しの再演が期待される作品であること
  • 邦楽器は、三味線、尺八、琵琶、胡弓、箏(十三絃)から選択し、取り入れること
演奏時間 7分程度とする
編成 OEKが演奏可能な編成とする(最大:8型, 2222-2200, Timp1, Perc1)
提出物 所定の申込書、スコア(印刷されたもの2部)、デモ音源(CD)
審査委員
  • 審査委員長 池辺晋一郎(作曲家、石川県立音楽堂洋楽監督)
  • 審査委員 広上淳一(公演総合プロデューサー、初演指揮者)
作品発表
  • 日時 2021年2月14日(日)15:00開演 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮 広上淳一
  • 能舞 金剛龍謹(金剛流能楽師)
  • 管弦楽 オーケストラ・アンサンブル金沢
採用謝礼 10万円
その他 2021年2月11日(木)のリハーサルと2月14日(日)の本番に立ち会うこと(国内交通費、宿泊費は財団が負担します)
主催
申込先
問合先
  • 公益財団法人石川県音楽文化振興事業団
    「和洋の響」新曲募集係
  • 〒920-0856 石川県金沢市昭和町20-1
  • TEL 076-232-0171
  • EMAIL office@oek.jp
協力 公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団(京都市交響楽団)
要項・申込書 要項(PDF) 申込書(PDF) 申込書(Microsoft Word)

2020.04.11 OEKレジデントコンダクター田中祐子より皆さまへのビデオメッセージメッセージ

新型コロナウィルスの感染拡大にともなう、4月23日に開催を予定しておりました第428回定期公演フィルハーモニーシリーズの中止について、OEKレジデントコンダクター田中祐子からのビデオメッセージをお届けいたします。

公演が再開されたのちには、また田中氏の意欲的なプログラムとともに音楽をお届けしたいと考えております。それまで、皆様どうぞご健康に気をつけてお過ごしください。

OEK指揮者 田中祐子より皆さまへ

2020.03.21 新シーズンプログラム発表。テーマはベートーヴェンとモーツァルト!2020-2021シーズン・プログラム

20/21シーズン・シーズンラインアップ速報版 (PDF)

テーマは《ベートーヴェンとモーツァルト》

 2020年、生誕250年を迎えたベートーヴェン。演奏家たちはこの記念の年にこぞって彼の作品を取り上げるでしょう。室内オーケストラであるOEKはベートーヴェンの作品を重要なレパートリーとして常に演奏していますが、この特別な時にしかできない、OEKの個性を活かしたアプローチとは何でしょうか。OEKは2管編成40名のメンバーからなる「室内オーケストラ」。これはモーツァルトやベートーヴェンが生きた時代の標準的なサイズで、故にOEKはバロックや古典そして現代作品を主なレパートリーとしています。ふりかえれば初代音楽監督の岩城宏之の時代には、東京・名古屋にてモーツァルト、ベートーヴェンの全交響曲を年月をかけて取り上げ、先代の音楽監督井上道義と、彼の就任最初の録音に選んだのはモーツァルトの交響曲39,40,41番だったのでした。

私たちの大切なレパートリーであるベートーヴェンとモーツァルト。私たちはこの2人の偉大な作曲家に改めて真正面から向き合い、室内オーケストラの魅力と新たなレパートリーを発掘するシーズンにしたいと思っています。

芸術監督ミンコフスキのベートーヴェン全交響曲演奏

芸術監督として3シーズン目を迎えるミンコフスキが、彼自身初となるベートーヴェン全交響曲連続演奏会に取り組みます。これまでも優れたオペラやシューマン交響曲全曲演奏など、非常に特別なプロジェクトで多くの注目を集めてきたミンコフスキとOEKは、いよいよ本丸とも言えるこの新たなプロジェクトに挑戦し、さらなる飛躍をめざします(第1回第2回第3回第4回)。

OEK指揮者陣、きらめくゲストたちによるモーツァルト

 OEK指揮者陣であるスダーンと川瀬、そして客演する指揮者たちには、モーツァルトの作品を含めたプログラムを組んでいただきました。スダーンは得意の古典作品を中心に。現代音楽に積極的な川瀬は、酒井健治への新たな委嘱曲を、モーツァルトへのオマージュ作品とともにプログラミング。ゲストとして招く巨匠たち、バシュメットやミンコフスキ推薦のカサドシュへの期待も膨らみます。80歳を迎える名誉アーティスティック・アドヴァイザーのピヒラーは、ジュピター交響曲をメインにロッシーニとアメリカ出身ヴァイオリニストのベイルマンとの共演を含めたプログラムです。

室内オーケストラならではの弾き振りも豊富に。バシュメット、鈴木優人三浦文彰ゴンザレス=モンハスは交響曲の指揮と同時に、協奏曲で弾き振りを披露します。そして日本の誇る若き才能も登場。北村朋幹藤田真央の2人がスダーンの指揮のもと、ベートーヴェンとモーツァルトのピアノ協奏曲を演奏します。

1787年、ベートーヴェンがモーツァルトを訪問したというエピソードがありますが、確たる証拠はありません。しかしモーツァルトからの影響は明らかです。そして2020年、OEKと個性豊かなアーティストが繰り広げる偉大な2人作曲家の邂逅を、新シーズンを通して皆様の楽しみとしていただければ幸いです。

シーズンを通して、お得な価格・決まった座席でOEKの定期公演をお楽しみいただける、定期会員の新規お申し込みは6月1日より開始します。

お問い合わせは【定期会員係】TEL:076-232-8571まで

20/21シーズン・シーズンラインアップ速報版 (PDF)

2020.03.12 芸術監督マルク・ミンコフスキから皆さまへのビデオメッセージメッセージ

芸術監督より皆さまへ

この度の新型コロナウィルス感染症の拡大防止にかかる第427回定期公演と第36回東京公演の中止を受け、出演を予定しておりました芸術監督マルク・ミンコフスキより皆さまへのメッセージが届きましたので、撮って出しでお届けします(字幕:事務局)。

中止はオーケストラとしても誠に残念ではございますが、今回演奏できなかった分まで、芸術監督との次回公演(まだ発表できないのが残念です!)で、皆様に感動をお届けしたいと考えております。

今は辛い時ですが、終息を迎えた時には皆様コンサート会場でお目にかかりましょう!

2020.03.05 公演中止に寄せてヴィトマン氏からのメッセージ(3/7第426回定期)メッセージ

2020年3月7日(土)オーケストラ・アンサンブル金沢第426回定期公演マイスターシリーズに出演が予定されておりましたイェルク・ヴィトマン氏より、今回の新型コロナウィルス感染症の影響による公演中止に伴い、聴衆の皆様へのメッセージが寄せられましたので、この場にてご紹介申し上げます。(PDFファイルはこちら