オーケストラ・アンサンブル金沢

NEWS

ニュース

2019.02.12第18回北陸新人登竜門コンサート〈声楽部門〉出演者決定

第18回北陸新人登竜門コンサート〈声楽部門〉に4名の若き音楽家が出演決定!

北陸にゆかりのある新人演奏家の発掘と支援を目的としたオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)「北陸新人登竜門コンサート」のための第2次実技審査が、一般公開のもと2019年2月11日に石川県立音楽堂コンサートホールにおいて開催されました。

第1次ビデオ審査を通過した13名の声楽家がそれぞれに熱のこもった音楽を披露したなかで、川瀬賢太郎氏など3名の審査員からコンサート出演に相応しいと評価された、下記の4名がこのたび優秀者として選ばれましたのでご案内いたします。

2019.02.01北陸新人登竜門コンサートオーディション開催

北陸の新人演奏家にとっての登竜門

オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)では、地域の新人演奏家の発掘と支援のために、1996年から毎年「新人登竜門コンサート」を開催しています。ソリストを務めるのはオーディションで選ばれた北陸ゆかりの新人演奏家たち。これまでも出演をきっかけとして多くの演奏家が活躍の場を広げており、このコンサートは文字どおり北陸の新人演奏家にとっての登竜門となっています。

2019.01.26アルバイト職員(ライブラリアン補助)募集について

オーケストラ・アンサンブル金沢(公益財団法人石川県音楽文化振興事業団)では、下記の通りアルバイト職員を募集します。

2018.10.26祝!一柳氏 文化勲章、池辺氏 文化功労者 受章 

10月26日、今年の文化勲章、文化功労者の発表がありました。

OEKに縁のある作曲家お二人が、我が国文化賞の最高峰である文化勲章と文化功労者を同時に受賞されましたことは、本当に嬉しいニュースとなりました。

お二人の受賞をお祝いいたしますと共に、今後益々のご活躍をお祈りいたします。

 

一柳 慧(作曲家)

 OEK設立間もない1988年、故岩城宏之音楽監督に指名され、初代コンポーザー・イン・レジデンス(楽団作曲家)として委嘱曲を作曲、現代曲を積極的に取り上げた岩城+OEKのスタートとなった。この他、これまでに2曲の委嘱曲の作曲(下記)や共演を重ねてきました。

コンポーザー・イン・レジデンス

(1988-1991)  筝と室内オーケストラのための「始原」

(2007-2008) 交響曲第7番「イシカワ・パラフレーズ」-岩城宏之の追憶に

コンポーザー・オブ・ザ・イヤー

(2015-2016) 交響曲第10番 -さまざまな思い出の中に

 

池辺晋一郎(作曲家)

2004年より石川県立音楽堂洋楽監督、2018年よりOEK顧問
 現代日本を代表する作曲家であり、その創作範囲は多岐にわたります。OEKとは、石川県立音楽堂の洋楽監督として、多くの企画に携わる一方で、コンポーザー・イン・レジデンスとしても委嘱曲を2曲手がけました(下記)。2018年からはOEKの顧問として、オーケストラ活動・運営にアドバイスを頂いています。洒落たっぷりの音楽トークや名曲100選シリーズの企画。指揮。お話しを担当するなど、氏の才能をフルに活かした舞台を提供して頂いています。

コンポーザー・イン・レジデンス
(1997-1998) 悲しみの森 -オーケストラのために
コンポーザー・オブ・ザ・イヤー
(2017-2018) この風の彼方へ -オーケストラのために (OEK設立30周年記念)

11月11日には池辺氏によるクラシック講座を開催いたします。詳しくはこちら

 

2018.10.15沖澤のどかさん東京国際コンクール第1位受賞!!

2011年~2012年にOEK指揮研究員として在籍しておりました沖澤のどかさんが、2018年10月14日(日)に行われた第18回東京国際音楽コンクール〈指揮〉で第1位を受賞されました!!特別賞・齋藤秀雄賞も併せて受賞されました。                                           スタッフ・楽団員一同、心より御祝い申し上げます。

第18回東京国際コンクール 指揮 予選・本選結果

沖澤のどか(プロフィール)
青森県出身。東京藝術大学音楽学部指揮科首席卒業。卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞し、新卒業生紹介演奏会に出演。現在同大学院在籍。これまでに指揮を田中良和、松尾葉子、尾高忠明、高関健の各氏に師事。ピアノを友田恭子、小池ちとせ、北川暁子の各氏に師事。(井上道義、下野竜也、ペーター・ギュルケ各氏のマスタークラスを受講し、いずれも優秀者に選ばれ、それぞれオーケストラ・アンサンブル金沢、上野学園大学オーケストラ、ザルツブルクチェンバーゾリステンを指揮。またヤルヴィ・サマーアカデミーに参加し、ネーメ・ヤルヴィ、レオニード・グリン、パーヴォ・ヤルヴィ各氏の指導を受ける。)
これまでにオーケストラ・アンサンブル金沢、東京都交響楽団、藝大フィルハーモニア、多くのアマチュアオーケストラを指揮。2011年~2012年、オーケストラ・アンサンブル金沢指揮研究員。
今後のOEKとの共演は、以下の公演を予定しております。

皆様のご来場をお待ち致しております。

 

2018.09.21オペラ「ペレアスとメリザンド」東京公演 放送のお知らせ

去る8月1日 東京オペラシティコンサートホールにて行いました、東京特別公演 オペラ「ペレアスとメリザンド」は、NHKによって収録され、下記の通り放送予定です。

放送日 2018年10月5日(金)14:00-18:00 NHK-FM「オペラ・ファンタスティカ」

http://www4.nhk.or.jp/opera-f/x/2018-10-05/07/73761/4678339/

 

2018.09.14岩城宏之メモリアルコンサート 放送のお知らせ

去る2018年9月8日(土)に石川県立音楽堂にて開催いたしました「岩城宏之メモリアルコンサート」が、以下の日程で放映されます。どうぞご覧ください。

北陸朝日放送(テレビ)

9月22日(土)12:00〜12:55 ※石川県内

NHK-FM(ラジオ) 

11月25日(日)19:20~20:20 ※全国

2018.09.12ゲームを彩るオーケストラ(10/7)公演中止のお知らせ

2018年10月7日の「ゲームを彩るオーケストラ」へ出演予定を予定しておりました植松伸夫氏は、体調不良のため出演が不可能となりました。検討の結果、本企画においては植松氏の出演・トークが重要な部分を占めていることもあり、止むを得ず公演は中止とさせていただきます。本公演を楽しみにしておられた皆様には大変ご迷惑をおかけすることをお詫びいたしますとともに、何卒ご了承を賜りますようお願い申し上げます。ご購入されたチケットの払戻しにつきましては、下記をご覧ください。

植松氏からのメッセージ

この度、オーケストラによる初めての植松伸夫×坂口博信作品集のコンサートということで、僕自身も開催を楽しみに準備しておりましたが、体調不良が続き、大変残念ながら公演をキャンセルしなくてはいけない事態となってしまいました。僕にとっては特別な意味を持つ企画でしたので、今は早く健康を取り戻して、またアンサンブル金沢の皆様と一緒にこの企画で皆様にお会いできる日が来ることを願っております。

チケットの払い戻しについて

期間

2018年9月20日(木)10:00〜2018年10月7日(日)※

※石川県立音楽堂チケットボックスは18:00まで、プレイガイドは各店舗営業時間まで

場所

チケットを購入した場所(プレイガイドは購入店舗)

方法

石川県立音楽堂チケットボックスにて購入された方は、期間内にチケットをご持参ください。その他のプレイガイドで購入された方は、各プレイガイドのウェブサイトにてご確認ください。

その他、不明の点は石川県立音楽堂チケットボックスへお問い合わせください(TEL. 076-232-8632)。

2018.05.08OEK30周年記念 金沢市巡回公演スケジュール更新しました! 

設立30周年を迎えたOEK。これまでの県民の皆様への感謝の気持ちとこれからのさらなるご支援願い、今年は県内くまなくOEKの音楽をお届けいたします。5月9日、金沢市役所2階市民ホールにてミニコンサート開催を皮切りに、各地域の皆様にOEKの響きをお届けしております。今後の金沢市内巡回公演スケジュールを更新いたしました。OEKの演奏と共に皆様とお会いできるのを楽しみにしています!

30周年記念巡回スケジュール

2018.07.11第18回北陸新人登竜門コンサート〈声楽部門〉募集について

オーケストラ・アンサンブル金沢では、「第18回北陸新人登竜門コンサート〈声楽部門〉」のソリスト・オーディションを実施いたします。 本公演は、北陸三県の新人演奏家の発掘・支援と音楽文化の発展のために毎年開催しているもので、ピアノ、弦楽器、管・打楽器、声楽を対象としたオーディションで選ばれた北陸の素晴らしい新人が、毎年オーケストラ・アンサンブル金沢との共演によりデビューしています。 オーディションの要領については以下をご覧ください。皆様の応募をお待ちしております。

9月1日より募集を開始致します。