オーケストラ・アンサンブル金沢

NEWS

ニュース

2023.05.12 学校公演広上淳一と行く石川・北陸、OEK学校公演。

音楽をはじめ芸術文化を通じて、子どもたちが豊かに社会を生きる力 感受性や想像力、表現力、コミュニケーション能力 を培うことは、私たちの重要な使命の一つです。OEKでは毎年5月下旬から6月にかけ、県内各地や高岡市を巡り、小・中学校そして特別支援学校の子どもたちにオーケストラ音楽を届けており、参加者や関係者に好評を得ています。

今年度の学校公演は、広上淳一とともに石川、富山、福井県にて17公演、7月には碇山隆一郎氏と石川県内3公演を実施。アーティスティック・リーダー就任2年目を「種まきを続け、まいた種が芽吹くように丁寧に水をやる時期」と例える広上淳一。正にその実践と言えるOEKの学校公演が、まもなくスタートします。

学校公演(音楽鑑賞教室)予定

2023年5月末〜6月中旬(広上淳一指揮)
  • 公演数 石川県13公演、富山県3公演、福井県1公演
  • 対象 小学校、中学校、特別支援学校の児童・生徒
2023年7月上旬(碇山隆一郎指揮)
  • 公演数 石川県3公演
  • 対象 中学校、高等学校の生徒

主催(公演により異なる):石川県芸術鑑賞推進委員会、(公財)高岡市民文化振興事業団、(公財)日本交響楽振興財団、(公社)日本芸能実演家団体協議会、(公社)全国公立文化施設協会、(公財)石川県音楽文化振興事業団

助成(公演により異なる):文化庁、(公財)日本交響楽振興財団

2023.04.21 アンコール公演アンコール曲(2023年4月-)

  • 第470回定期公演
  • 2023年7月13日(木)19:00 石川県立音楽堂コンサートホール
  • シューマン:「子供の情景」よりトロイメライ(ピアノ:辻井伸行)
    ショパン:練習曲 ハ短調 作品10-12(ピアノ:辻井伸行)
    R. シュトラウス:《ナクソス島のアリアドネ》よりダンス
  • 第469回定期公演
  • 2023年7月1日(土)14:00 石川県立音楽堂コンサートホール
  • パーキンソン:ルイジアナ・ブルース・ストラット(ヴァイオリン:ランドル・グーズビー)
  • 第468回定期公演
  • 2023年5月27日(土)14:00 石川県立音楽堂コンサートホール
  • ジェルヴェーズ:舞曲集 第3集より アルマンドIV(トランペット:ラインハルト・フリードリヒ)
    ドビュッシー:前奏曲集 第1集より 沈める寺(ピアノ:岡田奏)
    バッハ:管弦楽組曲 第3番より エア
  • 第467回定期公演
  • 2023年4月21日(土)19:00 石川県立音楽堂コンサートホール
  • エンコ:即興演奏/坂本龍一へのオマージュ(ピアノ:トーマス・エンコ)
    ビゼー:《カルメン》より アルカラの竜騎兵

過去のアンコール曲

2023.04.24 岩城宏之音楽賞2023年度 第17回「岩城宏之音楽賞」選考結果について

岩城宏之OEK永久名誉音楽監督の遺志を受け2007年に創設致しました、北陸にゆかりのある実力ある音楽家に贈られる「岩城宏之音楽賞」の2023年度の受賞者が、下記のとおり決定いたしましたのでお知らせいたします。受賞者には、本年9月9日(土)に石川県立音楽堂で開催される「岩城宏之メモリアル・コンサート」に、ソリストとしてご出演を頂きますとともに、公演冒頭において当音楽賞の表彰および副賞(賞金50万円)が授与されます。

岩城宏之音楽賞について

岩城宏之賞受賞者

篠原 悠那(ヴァイオリン、福井県出身)

 福井県出身。06年第5回北陸新人登竜門コンサートオーディションに最年少(小6)で合格し、山田和樹指揮OEKと共演。OEKとは03年「題名のない音楽会」未来の大器〜福井編でブルッフのヴァイオリン協奏曲を初共演。第10回ヴィエニャフスキ国際コンクール(ポーランド)ジュニア部門 第3 位、第7回レオポルド・モーツァルト国際コンクール(ドイツ) 審査員特別賞、第80回日本音楽コンクール第2位、並びに岩谷賞(聴衆賞)他受賞。フジテレビ系アニメ「四月は君の嘘」ヒロイン役モデルアーティスト。シャネル・ピグマリオン・デイズアーティスト。越のルビーアーティスト。EPIC SONYよりソロアルバムCD「Estreno」をリリース。「クラシック倶楽部」、「クラシックTV」等に出演。22年9月Hakuju Hallで<プラチナ・コンサート・シリーズ Vol.13>ソロリサイタルを開催し、藤倉大作曲Dawn Passacaglia ヴァイオリン版を世界初演。福井大学教育地域科学部附属小・中学校卒業、桐朋女子高等学校音楽科を首席で卒業、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマ・コース(特待生)修了、メニューイン国際音楽アカデミー(スイス)にてディプロマを取得、桐朋学園大学大学院修士課程修了。山下金彌、辰巳明子、マキシム・ヴェンゲーロフ、篠崎史紀各氏に師事。ヤマハ音楽支援制度、明治安田クオリティオブライフ文化財団、ロームミュージックファンデーション奨学生。
 カルテット・アマービレの1stヴァイオリン奏者として第65回ARDミュンヘン国際音楽コンクール弦楽四重奏部門第3位入賞、特別賞(コンクール委嘱作品の最優秀解釈賞)、ヤングコンサートアーティスト国際オーディション(ニューヨーク)第1位、21年第22回ホテルオークラ音楽賞受賞。室内楽を藤井一興、徳永二男、礒村和英各氏他に師事。22年11月には"アルゲリッチ&フレンズ イヴリー・ギトリスへのオマージュ、再び"公演にてマルタ・アルゲリッチ氏とシューマンのピアノ五重奏曲を共演し高い評価を得る。使用楽器は1832年製G.F.プレッセンダ ex“カール・フレッシュ” (宗次コレクション)

photo T.Tairadate

審査員

  • 木村かをり(ピアニスト、故岩城宏之夫人)
  • 池辺晋一郎(作曲家、石川県立音楽堂洋楽監督)
  • 広上淳一(指揮者、OEKアーティスティック・リーダー)

受賞者のコメント

このたびは、岩城宏之音楽賞の受賞を大変光栄に思っております。

2006年2月、第5回北陸新人登竜門コンサートの最終オーディションで岩城宏之マエストロに演奏を聴いて頂き、講評で温かいお言葉を頂戴した事を想い出します。その年の4月に共演させて頂く予定でしたが、マエストロは体調を崩され残念ながら共演叶わず…… あれから早17年、オーケストラ・アンサンブル金沢の皆様との久しぶりの共演、とても嬉しく楽しみにいたしております。

また石川県で開催されている「いしかわミュージックアカデミー」のマスタークラスは小3から10年以上、毎夏受講しておりました。初めて受けた年に講師で来られた辰巳明子先生と出会い、福井から東京へレッスンに通い始め、本格的にヴァイオリンに力を入れるきっかけとなり現在の私があります。

芸術音楽の奥深さに魅せられ、今まで周りの皆様に支えて頂き音楽を続けてこられていること、お世話になっております皆様に心より感謝申し上げます。今回の受賞を励みに、挑戦する気持ちを忘れず、益々精進して参ります。

岩城宏之メモリアル・コンサート公演日程

  • 日時 2023年9月9日(土)14:00開演
  • 会場 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮 川瀬賢太郎(OEKパーマネント・コンダクター)
  • 管弦楽 オーケストラ・アンサンブル金沢

2023.03.17 お知らせ2023/24シーズンプログラム発表(2023.5.2 追記あり)

オーケストラ・アンサンブル金沢では、アーティスティック・リーダー広上淳一の出席のもと、3月17日に記者会見を行い、9月から始まる2023/24シーズンのプログラムを発表しました。プログラムの内容については、下記PDFをご覧ください。

記者発表資料抜粋(PDF 5.1MB)

チケット価格、新定期会員制度に付いて(2023.5.2)

詳細は定期会員制度、または下記のシーズンパンフレットをご覧ください。

2023-24シーズンパンフレット

2023.02.20 楽団員募集楽団員(フルート)募集

オーケストラ・アンサンブル金沢では以下の楽団員を募集します。オーディション受験希望者は募集要項を確認の上、Eメールにてお申し込みください。

フルート(ピッコロ兼務)奏者: 若干名

  • 応募締切: 2023年4月10日 (必着)
  • 予備審査: 録画、書類による審査
  • 第1次審査: 2023年5月22日 (ライブ審査)
  • 第2次審査: 2023年5月23日 (ライブ審査)

募集要項 (PDF)

応募用紙 (Microsoft Wordファイル)

応募用紙 (PDFファイル)

2023.02.12 作品募集 / Call for Scores《和洋の響》2023年度 オーケストラ作品(新曲)募集

Guideline and Application Form (PDF, English)

藩政期から続く伝統文化とクラシック音楽が出逢い、響き合う石川県立音楽堂では、その開館以来オーケストラ・アンサンブル金沢によって多くの「和」と「洋」のコラボレーション作品が上演され、石川・金沢の文化に厚みを加えてきました。2020年度からは《和洋の響》公演において、公募による優秀作品を初演しています。

(公財)石川県音楽文化振興事業団は、2023年度も引き続き、若手作曲家の方々を対象として下記の通り演奏作品を募集します。採用作品は、オーケストラ・アンサンブル金沢の演奏により広く国内外に発信されます。新たな文化が生まれる瞬間に相応しい、皆様の作品のご応募をお待ちしております。

要項

採用作品点数 1点
応募資格 40歳以下(公演当日の年齢)で、作曲を学んでいる方
応募方法 所定の申込書に必要事項を記入し、提出物とともに事務局へ送付すること
受付期間 2023年9月1日(金)〜9月30日(土) 必着
条件・内容
  • 能舞と合わせることが可能な、邦楽器を取り入れたオーケストラ作品(形式自由)
  • 未発表の曲であること
  • 誰もが親しむことができ、繰り返しの再演が期待される作品であること
  • 邦楽器は、三味線、尺八、琵琶、胡弓、箏(十三絃)から1または2つを選択し、取り入れること
演奏時間 7分程度とする
編成 原則オーケストラ・アンサンブル金沢の編成とする(8型, 2222-2200, Timp1(Perc兼務可), Perc1)
提出物 所定の申込書、スコア(印刷されたもの2部)、デモ音源(CD)
申込書 要項(PDF) 申込書(PDF) 申込書(Microsoft Word)
審査委員
  • 審査委員長 池辺晋一郎(作曲家、石川県立音楽堂洋楽監督)
  • 審査委員 垣内悠希(初演指揮者)
採用通知 Eメールまたは電話にて応募者へ通知したうえで、採用作品については、各種メディア、ウェブサイト等にて公表します。通知時期については本ページにて後日発表します。
作品発表
  • 日時 2024年2月12日(月祝)14:00開演 予定
  • 会場 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮 垣内悠希
  • 管弦楽 オーケストラ・アンサンブル金沢
採用賞金 10万円
その他 2024年2月10日、11日のリハーサルと2月12日の本番に立ち会うこと(国内交通費・宿泊費の支給あり)
主催
申込先
問合先
  • 公益財団法人石川県音楽文化振興事業団
    「和洋の響」新曲募集係
  • 〒920-0856 石川県金沢市昭和町20-1
  • TEL 076-232-0171
  • EMAIL office@oek.jp

2023.01.22 On AirBSテレ東「エンター・ザ・ミュージック」放送のお知らせ

2022年9月10日の「岩城宏之メモリアルコンサート」にて演奏いたしましたモーツァルトのリンツ交響曲が下記の通り放送されます。ぜひご覧ください。

2023年2月4日(土)午前8:30-9:00 BSテレ東「エンター・ザ・ミュージック」
収録:2022年9月10日「岩城宏之メモリアルコンサート」
会場:石川県立音楽堂コンサートホール
指揮:広上淳一
曲目:モーツァルト/交響曲第36番ハ長調 K.425「リンツ」
詳しくは番組ウェブサイト

2023.03.23 アンコール公演アンコール曲(2023年1月-)

  • オーケストラの日
  • 2023年3月31日(金)14:00 石川県立音楽堂コンサートホール
  • J. シュトラウス:ラデツキー行進曲(共演:石川県ジュニアオーケストラ)
  • 第39回東京定期公演
  • 2023年3月22日(水)18:30 サントリーホール
  • パガニーニ:24のカプリース 作品1より 第24番 イ短調(ヴァイオリン:米元響子)
    レスピーギ:リュートのための古風な舞曲とアリア 第3組曲より 第1番 イタリアーナ
  • 第466回定期公演
  • 2023年3月21日(火祝)14:00 石川県立音楽堂コンサートホール
  • パガニーニ:24のカプリース 作品1より 第24番 イ短調(ヴァイオリン:米元響子)
    レスピーギ:リュートのための古風な舞曲とアリア 第3組曲より 第1番 イタリアーナ
  • 山田和樹@音楽堂 未来へのメッセージ
  • 2023年3月15日(水)19:00 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 磯部俶:犀川(室生犀星 詩)
    山本直純:歌えバンバン(阪田寛夫 作詞)
  • 第464回定期公演
  • 2023年2月19日(日)14:00 石川県立音楽堂コンサートホール
  • アンゲラー:おもちゃの交響曲より 第1楽章 アレグロ
  • ファンタスティック・オーケストラコンサート
  • 2023年2月5日(日)14:00 石川県立音楽堂コンサートホール
  • チャイコフスキー:弦楽のためのセレナード ハ長調 作品48より 第2楽章 ワルツ
  • 第463回定期公演
  • 2023年1月28日(土)14:00 石川県立音楽堂コンサートホール
  • ビゼー:「アルルの女」より アダージェット
  • 第462回定期公演
  • 2023年1月7日(土)14:00 石川県立音楽堂コンサートホール
  • サマー:ジュリー・オ(チェロ:宮田大)
    シュトラウスII:ピッツィカート・ポルカ
    チャイコフスキー:弦楽のためのセレナード ハ長調 作品48より 第2楽章 ワルツ

過去のアンコール曲

2022.12.12 お知らせ第21回北陸新人登竜門コンサート〈声楽部門〉出演者決定

第21回北陸新人登竜門コンサート〈声楽部門〉の出演者に8名の若き音楽家が決定

北陸にゆかりのある新人演奏家の発掘と支援を目的としたオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)「北陸新人登竜門コンサート」のソリストを決めるオーディションの第2次審査が、2022年12月12日に石川県立音楽堂コンサートホールにおいて行われました。

第1次審査(ビデオ審査)を通過した18名の音楽家が演奏を披露し、この度の登竜門コンサートの舞台に立つに相応しいと評価された下記8名が優秀者として選ばれました。コンサートは2023年5月21日(日)15時より石川県立音楽堂にて。地域から羽ばたく音楽家へのご声援をお願いします。

優秀者(審査順)
  • 窪田 早紀(富山県出身)
  • 庄司 慧士(富山県出身)
  • 中田 圭依(福井県出身)
  • 坂田 茜(富山県出身)
  • 伴野 公三子(富山県出身)
  • 小林 彩乃(富山県出身)
  • 山元 三奈(富山県出身)
  • 古岡 和香奈(富山県出身)
第2次オーディション審査員
  • 広上淳一(OEKアーティスティックリーダー)
  • 横山恵子(ソプラノ歌手)
  • 松井直(OEKコンサートマスター)
第21回北陸新人登竜門コンサート〈声楽部門〉について
  • 開催日時 2023年5月21日(日) 15:00〜
  • 会場 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮 広上淳一
  • 管弦楽 オーケストラ・アンサンブル金沢

2022.12.01 お知らせ元GM山田正幸さんが文化庁長官表彰者に選ばれました

元オーケストラ・アンサンブル金沢ゼネラルマネージャーの山田正幸さんが、「永年にわたり、オーケストラの運営に携わり、活動の充実や地域への普及に努めるとともに、音楽祭のプロデューサーとしてその発展に尽くすなど、我が国の芸術文化の振興に貢献している」として文化庁長官表彰者に選ばれました。OEK一同よりお祝いを申し上げます。

文化庁ホームページ