オーケストラ・アンサンブル金沢

NEWS

ニュース

2021.03.31 2021-2022新シーズンラインナップ速報!

2021年9月から始まる新シーズンのラインナップを発表いたします。

ミンコフスキ芸術監督をはじめ、多彩なアーティストとのOEKの演奏にご期待ください。

OEK2021-2022seasonラインナップ

2021.03.21 On AirNHK-FM「ブラボー!オーケストラ」放送のお知らせ

2021年2月27日に開催しました第438回定期公演が下記の通り放送されます。どうぞお楽しみに!

2021年3月28日(日)19:20-20:20 NHK-FM「ブラボー!オーケストラ」
詳しくは番組のウェブサイトへ
公演の内容はこちら

2021.03.13 変更出演者変更(4/23 第441回定期公演)のお知らせ

2021年4月23日に開催を予定しております第441回定期公演につきましては、新型コロナウイルスの影響にともなう日本政府のビザ発給停止措置により、指揮者ユベール・スダーン(OEK首席客演指揮者)の来日が見通せないことから、公演内容を下記の通り変更して開催することといたします。

スダーン氏の出演を楽しみにしていらっしゃいました皆様にはお詫びを申し上げますとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

《変更後》
  • 第441回定期公演フィルハーモニー・シリーズ
  • 2021年4月23日(金)19:00開演
  • 石川県立音楽堂コンサートホール
  • リーダー、ヴァイオリン:アビゲイル・ヤング(OEK第1コンサートマスター)
  • ピアノ:藤田真央
  • モーツァルト:ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K. 466
  • モーツァルト:セレナード 第4番 ニ長調 K. 203 (189b)
  • ※独奏者、曲目に変更はありません

2021.03.01 アンケート「オーケストラの日2021」みんなが選ぶクラシック・ベスト!(アンケート)

2016年より数年にわたり、名曲の美味しいところを集めて開催したシリーズ企画「池辺晋一郎が選ぶクラシック・ベスト100」。その100曲から皆さんによる人気投票を行います! 投票状況・結果は「オーケストラの日2021」コンサート当日のYouTube配信およびコンサートで発表。皆さんの投票をお待ちしております。

投票の対象となる100曲のダイジェスト動画(各1分)はOEK YouTubeチャンネルにてご覧いただくことができます。

 100曲のリストと投票はこちら

投票期間

2021年3月1日(月)10:00 より 3月31日(水)15:00まで

池辺晋一郎が選ぶクラシック・ベスト100(ダイジェスト)

100曲をYouTubeで見る(リスト)

2021.02.14 メッセージ芸術監督マルク・ミンコフスキより皆さまへのメッセージ

新型コロナウイルスの影響により、芸術監督マルク・ミンコフスキが金沢に来ることができなくなり、一年が経とうとしています。ベートーヴェン生誕250周年を祝った交響曲全曲演奏もスタートを切れていない状況のなか、ミンコフスキより皆様にビデオメッセージが届きました。

3月に出演を予定していた第439・440回定期公演は、鈴木雅明というこれ以上ないマエストロにタクトを取って頂けることになりましたが、やはり芸術監督との演奏会は私たちにとって特別なもの。一刻も早く皆様に感動をお届けできる日を待ち望んでいます。

2021.02.05 アンコール公演アンコール曲(2021年1/2月)

  • 運命 龍玄とし PREMIUM CONCERT with OEK
  • 2021年2月5日(金)18:00 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 龍玄とし:乙女WORRIOURS(演奏:龍玄とし、OEK)
  • OEKファンタスティック・オーケストラコンサート
  • 2021年2月3日(水)19:00 石川県立音楽堂コンサートホール
  • マンシーニ:ムーン・リヴァー(演奏:平原綾香、OEK)
  • 福井公演
  • 2021年2月2日(火)19:00 ハーモニーホールふくい
  • マンシーニ:ムーン・リヴァー(演奏:平原綾香、OEK)

過去のアンコール曲

2021.01.28 変更・中止出演者変更(第439, 440回定期)ならびに公演中止(第37回東京定期)のお知らせ

2021年3月に開催を予定しております第439回および第440回定期公演につきまして、新型コロナウイルスの影響により、当公演の指揮者であるマルク・ミンコフスキOEK芸術監督の来日の見通しが立たないため、指揮者を鈴木雅明氏に変更し実施することとなりました。なお「ミンコフスキ×OEK ベートーヴェン全交響曲演奏会」は、2021-2022シーズンを含め開催時期を調整しております。

また、3月22日に予定しておりました東京定期公演は、緊急事態宣言の発令されている現在の状況に鑑み、お客様の安心安全も考慮し、中止とさせていただきます。

当公演を楽しみにしていらっしゃいました皆様にはお詫びを申し上げますとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

《変更後》
  • 第439回定期公演マイスター・シリーズ
  • 2021年3月13日(土)14:00開演
  • 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮:鈴木雅明(バッハ・コレギウム・ジャパン音楽監督)
  • ベートーヴェン:交響曲 第2番、第8番
  • ※曲目の変更はありません
  • 第440回定期公演フィルハーモニー・シリーズ
  • 2021年3月18日(木)19:00開演
  • 石川県立音楽堂コンサートホール
  • 指揮:鈴木雅明(バッハ・コレギウム・ジャパン音楽監督)
  • ベートーヴェン:交響曲 第6番「田園」、第5番「運命」
  • ※曲目の変更はありません
  • 第37回東京定期公演
  • 2021年3月22日(月)19:00開演
  • サントリーホール
  • ※公演中止
鈴木雅明(指揮)

1990年“バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)”を創設以来、バッハ演奏の第一人者として名声を博す。グループを率いて欧米の主要なホール、音楽祭に度々登場しており、雄弁かつ透明なサウンド、本質に迫る演奏アプローチで、極めて高い評価を積み重ねている。近年はモダン・オーケストラとも活発に共演し、多彩なレパートリーを披露。2001年ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章、平成23年紫綬褒章など受賞。12年バッハの演奏に貢献した世界的音楽家に贈られる「バッハ・メダル」、ロンドン王立音楽院・バッハ賞を受賞。13年度第45回サントリー音楽賞をBCJと共に受賞。15年ドイツ・マインツ大学よりグーテンベルク教育賞を受賞。イェール大学アーティスト・イン・レジデンス、シンガポール大学ヨン・シゥ・トウ音楽院客員教授、神戸松蔭女子学院大学客員教授、東京藝術大学名誉教授、オランダ改革派神学大学名誉博士。

2021.01.17 変更1/24 名曲コンサート(三島公演)出演者・曲目変更のお知らせ

2021年1月24日(日)に開催を予定しております「オーケストラ・アンサンブル金沢 名曲コンサート(三島市)」(主催:公益財団法人静岡県文化財団、三島市民文化会館、静岡県)につきましては、静岡県における「新型コロナウイルス警戒レベル」がレベル5となり、緊急事態宣言が発出された地域からの移動回避の要請が行われていることをうけ、出演者・曲目を下記の通り変更して開催することになりました。

角田鋼亮氏、宮田大氏の出演を楽しみにされていた皆様におかれましては、直前のご案内となり大変ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。

なお、出演者変更に伴うチケットの払い戻しについては、主催者の公益財団法人静岡県文化財団・グランシップより、チケットご購入の皆様へ個別にご案内がございます。(グランシップウェブサイト

指揮
角田鋼亮

弾き振り
アビゲイル・ヤング(OEK第1コンサートマスター)
横坂源(チェロ)

独奏
宮田大(チェロ)

横坂源(チェロ)

出演者の変更にともない、曲目も変更いたします(後日発表)。

2021.01.17 公演中止1/20 「おしち」射水公演 中止のお知らせ

2020年8月12日の振替公演として 2021年1月20日(水)に開催を予定しておりました、「おしち」射水公演(主催:公益財団法人射水市文化振興財団)につきましては、富山県における「新型コロナウイルス感染症に打ち克つためのロードマップ」がstage2へ移行したことを受け、関係者と協議をいたしましたところ、やむを得ず中止することといたしました。

公演を楽しみにされていた皆様には、直前のご案内となり大変申し訳ございませんが、なにとぞご理解を賜りますとともに、新型コロナウイルスの感染拡大防止にご協力いただきますようお願い申し上げます。

チケットの払い戻しにつきましては、主催者である高周波文化ホール(射水市文化振興財団)のウェブサイト等におきまして、改めてご案内いたしますので、今しばらくお待ちください。

2021.01.10 1/10 ラポール・ニューイヤーコンサート 中止のお知らせ

大雪の影響により、本日(1/10)に開催を予定しておりました「ラポールニューイヤーコンサート2021」公演は中止といたします。払い戻し等につきましては、アイザック小杉文化ホール ラポール ウェブサイトにて、改めてご案内させていただきます。

公演を楽しみにお待ちになられていた方には、直前のご案内となり大変ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご理解のほどお願い申し上げます。