オーケストラ・アンサンブル金沢

NEWS

ニュース

2020.09.11 出演者・曲目変更第434回定期公演 出演者・曲目変更のお知らせ

2020年10月22日(木)に開催いたします第434回定期公演フィルハーモニー・シリーズにつきまして、新型コロナウイルスの影響により、出演を予定しておりました芸術監督マルク・ミンコフスキの来日見通しが立たないため、OEK桂冠指揮者井上道義を迎え実施することとなりました。

また曲目につきましては、今シーズンの目玉でもありましたミンコフスキOEKの「ベートーヴェン全交響曲演奏会」は開始時期を調整して完結を目指すこととし、本公演につきましては《アンコール!スウィート》と題した、井上道義ならではのプログラムをお届けいたします。

当公演を楽しみにしていらっしゃいましたお客様には、変更についてお詫びを申し上げますとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

第434回定期公演フィルハーモニー・シリーズ(10月22日)
指揮

マルク・ミンコフスキ(OEK芸術監督)

井上道義(OEK桂冠指揮者)

曲目(変更後)

《アンコール!スウィート》
バーバー:弦楽のためのアダージョ
ラフマニノフ:ヴォカリーズ
マスカーニ:歌劇《カヴァレリア・ルスティカーナ》間奏曲
クライスラー:愛の悲しみ
ディーリアス:春初めてのカッコウを聞いて
ワーグナー:ジークフリート牧歌
サン=サーンス:「動物の謝肉祭」より白鳥

本公演以前の公演に関する内容変更についてはこちらをご覧ください。