オーケストラ・アンサンブル金沢

NEWS

ニュース

2019.10.14お知らせ(10/19 追記あり)

(10/19 追記)

10月16日に開催いたしました柏崎公演においても募金を行い、金沢公演との総額979,471円を長野市へお届けしました。呼びかけにご賛同頂きました皆様に改めて感謝申し上げますとともに、被災された皆様の一刻も早い復旧復興を願っております。

(画像は、10/19 信濃毎日新聞26面より)

この度、OEKでは2019年10月14日に開催した「歌声で繋ぐコンサート金沢公演」(指揮:鈴木織衛、ヴォーカル:森山良子)におきまして、10月12日に上陸した台風19号の影響で大きな被害を受けられた長野市の方々の支援のためのお見舞金を募り、お客様より以下の金額をお預かりいたしましたのでご報告いたします。

お見舞金:601,807円

終演後にも頂戴したため、公演内での発表より増額となっています。

報道等で既報の通り、台風19号は日本の広範囲に渡り甚大な被害をもたらしました。長野市においても千曲川の堤防の決壊等が発生し、その被害の全容の把握にはまだ時間がかかる状況です。そのような中ではございますが、OEKでは10月17日の「歌声で繋ぐコンサート長野公演」を、会場である長野市芸術館などとの協議のうえで、予定通り開催する運びとなりました。

音楽で長野市の皆様を励ますとともに、金沢にて寄せられたお見舞金を長野市長にお渡しすることで、今後、被災された方々の支援に役立てて頂くこととしております。

この度の台風で被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。当日会場にて我々の音楽が少しでも皆様のお役に立つことができるならば幸いです。

なお、募金は16日開催の歌声で繋ぐコンサート柏崎公演でも行う予定です。

歌声で繋ぐコンサート長野公演(長野市芸術館ウェブサイトへ)