オーケストラ・アンサンブル金沢

NEWS

ニュース

2019.09.22お知らせ

2011年~2012年にOEKの指揮研究員として在籍した沖澤のどかさんが、去る9月21日に決勝が行われた「第56回ブザンソン国際指揮者コンクール」にて優勝されました。昨年の第18回東京国際音楽コンクール第1位に続く受賞を、スタッフ・楽団員一同、心より御祝い申し上げます。

今後のOEKでは、下記の公演への出演が予定されています。

皆様のご来場をお待ち致しております。

沖澤のどか(プロフィール)

青森県出身。東京藝術大学音楽学部指揮科首席卒業。卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞し、新卒業生紹介演奏会に出演。現在同大学院在籍。これまでに指揮を田中良和、松尾葉子、尾高忠明、高関健の各氏に師事。ピアノを友田恭子、小池ちとせ、北川暁子の各氏に師事。(井上道義、下野竜也、ペーター・ギュルケ各氏のマスタークラスを受講し、いずれも優秀者に選ばれ、それぞれオーケストラ・アンサンブル金沢、上野学園大学オーケストラ、ザルツブルクチェンバーゾリステンを指揮。またヤルヴィ・サマーアカデミーに参加し、ネーメ・ヤルヴィ、レオニード・グリン、パーヴォ・ヤルヴィ各氏の指導を受ける。)これまでにオーケストラ・アンサンブル金沢、東京都交響楽団、藝大フィルハーモニア、多くのアマチュアオーケストラを指揮。2011~12年オーケストラ・アンサンブル金沢指揮研究員。