オーケストラ・アンサンブル金沢

NEWS

ニュース

2019.06.062019年度 第13回「岩城宏之音楽賞」選考結果について

故岩城宏之氏(OEK永久名誉音楽監督)の遺志を受けて2007年に創設され、北陸の実力ある音楽家に贈られる「岩城宏之音楽賞」の選考が、このほど審査員3名により行われ、下記のとおり第13回の受賞者が決定致しましたので、お知らせ致します。

受賞者には、本年9月14日(土)ユベール・スダーン指揮オーケストラ・アンサンブル金沢が演奏する「岩城宏之メモリアルコンサート」において、ソリストとして出演していただくとともに、この公演の冒頭において、受賞者には当音楽賞と副賞の50万円を授与することとしております。

岩城宏之音楽賞について

岩城宏之賞受賞者

鶴見彩(ピアノ、石川県出身)

金沢市出身。東京藝術大学卒業、同大学院修了。ローム ミュージック ファンデーション、DAADドイツ政府給費奨学生として、また石川県芸術インターンシップ事業在外研究員として、ドイツ・カールスルーエ音楽大学大学院に留学。Konzertexamen(ドイツ国家演奏家資格)課程を最優秀で修了し、ドイツ国家演奏家資格を取得。これまでに野村八千代、杉本安子、深澤亮子、多美智子、北川曉子、クラウス・シルデ、アンドレ・ボアイナインの各氏に師事。第65回日本音楽コンクールピアノ部門第2位、マリア・カナルス国際コンクール(スペイン)メダル受賞、エンニオ・ポリーノ国際ピアノコンクール(イタリア)第3位など、国内外のコンクールで多数入賞している。ソロ・リサイタル、室内楽で多くの演奏会や音楽祭に出演するほか、オーケストラ・アンサンブル金沢、東京シティ・フィル、ポーランド国立放送響、バーデン=バーデン・フィルなどと共演。また東アジア都市2018開幕式にて、中国ハルビン市でハルビン交響楽団と共演している。2002年ISHIKAWA TOYP大賞、平成28年度石川県文化奨励賞受賞。現在、愛知県立芸術大学音楽学部、桐朋学園大学院大学非常勤講師として後進の指導にもあたっている。

審査員

木村かをり(ピアニスト、故岩城宏之夫人)
池辺晋一郎(作曲家、石川県立音楽堂洋楽監督)
ユベール・スダーン(OEKプリンシパル・ゲストコンダクター)

岩城宏之メモリアル・コンサート公演日程

日時:2018年9月14日(土)14:00開演
会場:石川県立音楽堂コンサートホール
指揮:ユベール・スダーン
管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢

公演詳細