オーケストラ・アンサンブル金沢

NEWS

ニュース

2020.03.05メッセージ

2020年3月7日(土)オーケストラ・アンサンブル金沢第426回定期公演マイスターシリーズに出演が予定されておりましたイェルク・ヴィトマン氏より、今回の新型コロナウィルス感染症の影響による公演中止に伴い、聴衆の皆様へのメッセージが寄せられましたので、この場にてご紹介申し上げます。(PDFファイルはこちら

4 March 2020

Dear Audience of
the Orchestra Ensemble Kanazawa,

I deeply regret the cancellation of my concert with Orchestra Ensemble Kanazawa due to the Corona-virus. I was looking forward so much to our concert, since our last concert in Kanazawa has been such a special and rare joy. Of course, I fully understand the measures the government has taken.

I do hope to come to Kanazawa again as soon as possible and make music with wonderful Orchestra Ensemble Kanazawa again for you. The work of this orchestra is so important for the region, for Japan and for the music world-it is important that the orchestra can continue its important work and provide great concerts.

Sad, sincerely and optimistic for the future,
Jörg Widmann

2020年3月4日

親愛なる
オーケストラ・アンサンブル金沢の聴衆の皆様へ

新型コロナウイルス感染症の影響により、オーケストラ・アンサンブル金沢と私のコンサートが中止となってしまったことを心から残念に思います。前回の金沢での共演は実に特別で、非常な喜びでしたので、私は今回のコンサートを待ち望んでいました。もちろん、日本政府が取った対策を十分に理解しています。

できるだけ早く再び金沢を訪れ、この素晴らしいオーケストラとともに、皆様のために音楽を創りたいと願っています。オーケストラ・アンサンブル金沢の働きは、地域にとって、日本にとって、そして音楽界にとって非常に重要なものです。オーケストラがその重要な活動を続け、素晴らしいコンサートを提供できることが大切なのです。

悲しくも心を込めて、未来への希望とともに
イェルク・ヴィトマン
(訳:OEK)