オーケストラ・アンサンブル金沢

Concert

公演スケジュール

TUE

東京特別公演

ミンコフスキ✕OEKのブラームスとベートーヴェン

東京特別公演

2018年夏、ミンコフスキとオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の手がけたドビュッシーの歌劇《ペレアスとメリザンド》が「音楽の友」誌の2018年ベストコンサートで第3位にランクインし、次回のプロジェクトへの期待の高まりを感じるなか、芸術監督ミンコフスキが熟考の末に選曲したのは、室内オーケストラの優れたアンサンブル能力をフルに活かすブラームスのセレナード。またベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲には、ウィーン・フィルの首席奏者であり、ミンコフスキが率いるレ・ミュジシャン・デュ・ルーヴルの首席指揮者もつとめる若きヴァイオリニスト、クリストフ・コンツが登場します。オペラとはまた異なる一面で魅せるミンコフスキとOEKのコンサートにご期待下さい。

開催日程

2019年07月09日(火) 開場 18 : 00 開演 19 : 00

出演者

  • マルク・ミンコフスキ
    芸術監督、指揮
    マルク・ミンコフスキ芸術監督、指揮
    若い頃より指揮者を志し、19才でミュジシャン・デュ・ルーヴルを立ち上げ。初期にはフランスのバロック期の音楽家やヘンデルの音楽を取り上げ、その後、モーツァルト、ロッシーニ、オッフェンバック、ワーグナーなどのレパートリーに取り組む。オペラ指揮者として、パリのオペラ座、コミック座はもとより、ウィーン国立歌劇場、ミラノ・スカラ座など、またザルツブルク音楽祭、エクサン・プロヴァンス音楽祭など、ヨーロッパの名だたる歌劇場や音楽祭に客演。コンサート活動においては、東京都交響楽団、BBC交響楽団、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ザルツブルグ・モーツァルテウム管弦楽団、マーラー・チェンバー・オーケストラ、クリーヴランド管弦楽団などに客演し19~20世紀の作品を中心に演奏し高い評価を得ている。2011年、フランスの大西洋沿岸のレ島にレ・マジェール音楽祭を設立した。2016年よりボルドー国立歌劇場総監督。2018年よりオーケストラ・アンサンブル金沢の芸術監督に就任。
  • クリストフ・コンツ
    ヴァイオリン
    クリストフ・コンツヴァイオリン
    ウィーン・フィルの首席奏者ながら、ソロ、指揮、室内楽奏者として多彩な活動を展開する若きヴァイオリニスト4才からヴァイオリンを始め、わずか2年後にウィーン音楽大学に入学。ヴァイオリンの研鑽に加え、2005年からは指揮をマーク・ストリンガーに師事。ヴァイオリン奏者としては12才でデュトワ指揮モントリオール響との共演でデビューし、その後、ソリスト、室内楽奏者として活躍。2008年には20歳の若さでウィーン・フィルの主席第2ヴァイオリン奏者に就任。2017年にはメンフィス響にてアメリカ・デビューを果たし、その後ミュジシャン・デュ・ルーヴルの主席客演奏者に就任。オーストリア銀行よりストラディヴァリウスを貸与されている。

演奏曲目

ベートーヴェンヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61
ブラームスセレナード 第1番 ニ長調 作品11

会場

東京芸術劇場コンサートホール

チケット

料金 全席指定
S席7,500円
A席6,000円
B席4,000円
25歳以下当日券50%オフ(要証明書類)
未就学児入場不可
2019年4月9日(火)10:00より一般発売開始
プレイガイド 石川県立音楽堂チケットボックス TEL.076-232-8632
東京芸術劇場ボックスオフィス TEL.0570-010-296
チケットぴあ(Pコード147-290)
ローソンチケット(Lコード32787)
セブンチケット

主催・問合せ等

主催
  • 公益財団法人石川県音楽文化振興事業団
助成
問合せ
  • 石川県立音楽堂チケットボックス TEL 076-232-8632