オーケストラ・アンサンブル金沢

Concert

公演スケジュール

WED

第416回定期公演フィルハーモニー・シリーズ

ブラッハーの弾き振り。ブリテン・ブラームス・ベートーヴェン

第416回定期公演フィルハーモニー・シリーズ

6月8日の第415回定期公演に続き、こちらもOEK初登場となるドイツ出身のヴァイオリニストであるコリヤ・ブラッハーが、弾き振りを披露する注目公演。ベルリン・フィルの第1コンサートマスターを6年務めた後、世界各地で活躍する彼が近年特に力を入れているのが、ソリスト兼コンサートマスターとして演奏する、いわゆる弾き振り。既に各地の著名オーケストラと共演を重ね、録音も発表している筋金入りだ。

プログラムは、弦楽オーケストラのための作品であるブリテンのフランク・ブリッジの主題による変奏曲、そしてドイツ音楽の王道をゆくブラームスのヴァイオリン協奏曲とベートーヴェンの交響曲第4番の3曲で、いずれも彼の弾き振りレパートリーから選ばれたもの。ブラームスとベートーヴェンは、我々が通常「弾き振り」という言葉から連想する曲よりも複雑なように感じるが、「室内オーケストラに指揮者は必要か?」という問題提起は、過去からあまたのアーティストが挑んできたホットなチャレンジ。ブラッハーとOEKがどんな化学反応を起こし、どのような音楽が生み出されるのか、ベートーヴェンのように定点観測が可能なおなじみの作品で弾きぶりの醍醐味を体験できる点がうれしい。(潮博恵:音楽ジャーナリスト)

開催日程

2019年06月19日(水) 開場 18 : 15 開演 19 : 00

出演者

  • コリヤ・ブラッハー リーダー、ヴァイオリン
    コリヤ・ブラッハーリーダー、ヴァイオリン
    ベルリン・フィルの第1コンサートマスターを経て、世界各国でソリストとして活躍している。ベルリン・フィルやミュンヘン・フィル等の著名オーケストラと、アバド、K. ペトレンコ、バレンボイム、ヤンソンス等の指揮者と共演。幅広いレパートリーを持ち、弾き振りでの演奏も高く評価されている。ハンス・アイスラー音楽大学教授。使用楽器は1730年製ストラディヴァリウス「トリトン」(キミコ・パワーズ氏より貸与)。

演奏曲目

ブリテンフランク・ブリッジの主題による変奏曲 op.10
ブラームスヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.77
ベートーヴェン交響曲 第4番 変ロ長調 op.60

会場

石川県立音楽堂 コンサートホール

チケット

料金
SS6,000-
S5,000-
A4,000-
B3,000-
SL1,000-
25歳以下当日券50%オフ(要証明書類)
未就学児入場不可
託児ルームの申込は6/17まで(有料 TEL.076-232-8111)
プレイガイド 石川県立音楽堂チケットボックス TEL.076-232-8632(10:00-18:00)
香林坊大和
チケットぴあ
ローソンチケット
セブンチケット

お問合せ先

石川県立音楽堂チケットボックス TEL.076-232-8632(10:00-18:00)

チケット購入