オーケストラ・アンサンブル金沢

Concert

公演スケジュール

TUE

小松定期公演《春》

チャイコフスキー・プログラム

小松定期公演《春》

開催日程

2018年06月12日 (火)  開場 18 : 15 開演 19 : 00

出演者

  • 川瀬賢太郎 指揮
    川瀬賢太郎 指揮
    1984年東京生まれ。私立八王子高等学校芸術コースを経て、2007年東京音楽大学音楽学部音楽学科作曲指揮専攻(指揮)を卒業。これまでに、ピアノ及びスコアリーディングを島田玲子、指揮を広上淳一、汐澤安彦、チョン・ミョンフン、アーリル・レンメライトの各氏に師事。2005年レインボウ21デビューコンサート2005(サントリーホール)に出演。
     2006年10月に行われた東京国際音楽コンクール<指揮>において1位なしの2位(最高位)に入賞し、2007年3月には入賞者デビューコンサートで神奈川フィルハーモニー管弦楽団および大阪センチュリー交響楽団を指揮。
     その後、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、札幌交響楽団、読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団を始め、各地のオーケストラから次々に招きを受ける。また、2009年6月群馬交響楽団定期公演に、2010年東京フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団の定期公演にそれぞれデビューを果たす。

     2012年1月には、細川俊夫作曲 平田オリザ演出、オペラ「班女」広島公演で指揮し、オペラデビュー。
     海外においても2008年と2011年にイル・ド・フランス国立オーケストラと共演、また、2012年にはユナイテッド・インストゥルメンツ・オヴ・ルシリンと細川俊夫作曲モノドラマ「大鴉」オランダ初演を成功させ、2014年には「大鴉」日本公演として、東京、広島それぞれの公演を成功裡に終えた。
     2015年2月には、細川俊夫作曲オペラ「リアの物語」新演出を広島にて指揮、喝采を浴びる。
     2007年~2009年パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)アシスタント・コンダクター。
     現在、名古屋フィルハーモニー交響楽団指揮者、神奈川フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者、八王子ユース弦楽アンサンブル音楽監督、三重県いなべ市親善大使。2015年渡邉暁雄音楽基金 音楽賞、第64回神奈川文化賞未来賞、2016年第14回齋藤秀雄メモリアル基金賞、第26回出光音楽賞、第65回横浜文化賞 文化・芸術奨励賞を受賞。
  • 平野加奈 ピアノ
    平野加奈 ピアノ
    金沢市出身。東京藝術大学音楽学部器楽科を経て、同大学院音楽研究科修士課程を修了。修了時にピアノ演奏優秀者によるジョイントリサイタルに選抜される。その後ドイツ国立ミュンヘン音楽・演劇大学にてMichael Schäfer氏のクラスで学び、Zertifikatstudium Meisterklasseを修了。ドイツ国家演奏家資格を取得。これまでに日本国内のコンクールに入賞の他、ソリストとして故・岩城宏之、関谷弘志、山田和樹、松尾葉子の各氏指揮によるオーケストラ・アンサンブル金沢やオレグ・ズヴェーレフ氏指揮によるロシア国立ウリャノフスク交響楽団と共演。
    また、ミュンヘンを中心としたドイツ国内においてコンサート等に出演し、ミュンヘンSteinway Hausにてソロリサイタルを開催。その他にも石川県立音楽堂室内楽シリーズやラ・フォル・ジュルネ金沢、いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭などに出演し、現在は金沢を中心にソロ活動だけではなく、伴奏者や室内楽などのアンサンブルにおいても幅広く演奏活動を行いながら後進の指導にもあたっている。

演奏曲目

チャイコフスキーピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品23
チャイコフスキー交響曲 第5番 ホ短調 作品64

会場

こまつ芸術劇場うらら 大ホール

チケット

料金 全席自由
一般3,500-
学生(高校生以下)1,500-
未就学児入場不可
プレイガイド こまつ芸術劇場うらら
ヨシダ楽器
石川県立音楽堂チケットボックス TEL 076-232-8632
チケットぴあ(Pコード110-292)
ローソンチケット (Lコード56039)
セブンチケット

関連団体・企業

主催 公益財団法人石川県音楽文化振興事業団、オーケストラ・アンサンブル金沢 小松友の会
助成 平成30年度文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)

お問合せ先

オーケストラ・アンサンブル金沢 小松友の会 TEL 0761-22-5552(ヨシダ楽器内)

チケット購入